編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

ナデラCEOに聞くマイクロソフトの未来図(前編)--モバイル再考と攻めの「Windows 10」 - (page 3)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-21 06:00

 いずれにせよ、われわれが過去に犯した大きな過ちは、PCが未来永劫、あらゆることの中心になると考えたことでした。もちろん、今日、大量に流通している端末は、6インチのスマートフォンです。それは私も認めます。しかし、それがいつまでも続くと考えてしまうと、われわれは過去と同じ過ちを繰り返すでしょう。そして、過去と同じシェアを得ることさえできないでしょう。そうなったら尋常なことではありません。

 そのため、われわれは次の曲がり角の先にあるものを追い求めなければなりません。率直に言えば、それは将来重要な存在になることを目指すあらゆる人がやらなければならないことです。当社は実際にそれに取り組んでいます。われわれはそれを、Windowsを革新することで実行しています。「Continuum」のような機能によって、それを実行しています。スマートフォンに関しても、私はほかの製品と同じようなものや、他社をまねたスマートフォンOSを構築したくないだけです。

 したがって、Windows Phoneについて考えるとき、私はそれがContinuumのような何かを象徴するものとなることを望んでいます。私が驚きの声を上げるのは、それが興味深いアプローチであるときです。具体的には、Continuumが実現するユニバーサルプラットフォームのおかげで、スマートフォンが実際にはデスクトップになることもできる、といったアプローチです。それは、ほかのどんなスマートフォンOSや端末にもできないことです。私はMicrosoftの端末や端末のイノベーションがそういったことを象徴するようになることを期待しています。

 8日の発表は、当社のビジョンや戦略の変更に関するものではなく、経営手法の変更に関するものです。これからどのように推し進めていくのかということです。私は1日に1機種のスマートフォンを発表するつもりはありません。実際にシェアを獲得し、実際にMicrosoftの独自性を表すいくつかのスマートフォンに注力するつもりです。(スマートフォン市場における)シェアは3%ですが、われわれには10億台のデスクトップ、「Xbox」、さらに革新的なHoloLens、「Microsoft Band」もあります。それは、単なる1つのノードではなく、いわばグラフなのです。重要なのは、その端末群の全体性です。そして私は当社の戦略と革新、進歩を1つのものとして考えたいと思っています。

 とにかく、私が投資家や従業員に最も伝えたいのは、これらの要素を別々に分析しようと試みるのはやめよう、ということです。それらすべてに現在の一時的な立場と未来への展望があります。しかし、われわれが前進するために必要なのは、それらを1つのものとして考えることです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]