編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
海外コメンタリー

ナデラCEOに聞くマイクロソフトの未来図(前編)--モバイル再考と攻めの「Windows 10」 - (page 5)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-21 06:00

--そうは言うものの、そのSurfaceとの類似性というのは本当に当てはまらないのでしょうか。MicrosoftはSurfaceを開発しましたがそれでもWindowsデバイスを開発して成功しているOEMはほかに数多くありました。しかし、Windows Phoneではそれが当てはまらないということですよね。

 われわれは、スマートフォンの分野で確実に前進していけるように、必要なことは全てやるつもりです。われわれにはその用意があります。今日も、Terry(Windowsおよびデバイス部門責任者のTerry Myerson氏)がそのことを強調していました。もう一度言いますが、われわれは年内にプレミアムなLumiaを発売する予定です

 多くのOEMがあっても、われわれの戦略は1つです。OEMがない場合でも、戦略は1つです。われわれは、3つのモデルでスマートフォンを提供することに取り組んでいます。そして、事業面の詳細は、製品を実際に見れば明らかになると思います。私は、人々に内側の話、つまりスマートフォンを作るために何をしているかということではなく、実際に作ったスマートフォンに基づいてわれわれに対する評価を行ってほしいと考えています。なぜなら内側の話は、われわれの幅広い消費者には関係がないはずだからです。われわれを論評する立場にある、あなたのような人々には関係があるかもしれませんね。それは構いません。ただ、私にとって重要なのは、消費者が何に関心があるのか、ということです。

--私が知りたいのは、Windows Phoneをめぐる8日の決定が、Microsoftのユニバーサルアプリ戦略に影響すると考えているのかどうかです。一部では、MicrosoftがLumiaの数を減らせば(そしてMicrosoftは市場のWindows Phone全体の95%以上を製造している)、Windows 10の鍵であるユニバーサルアプリ戦略に大きなダメージを与えるか、少なくとも弱めることになるのではないかという見方があります。開発者であれば、Windows Phoneの数が減ると分かっているのに、Windows Phone上で動くアプリを開発したいと思うでしょうか。

 Windowsのユニバーサルアプリは必ず開発されるでしょう。それは、そのアプリをデスクトップでも使えるようにしたいと思うからです。誰かがユニバーサルアプリを開発したいと考える理由は、われわれのスマートフォンのシェアが3%だからではありません。それは、10億人の消費者が「Start」メニューを使うようになり、そこにあなたのアプリが表示されるからです。開発者はそこをスタート地点として、消費者を複数の場所に導きます。そのアプリはスマートフォンでも使えます。HoloLensでも使えます。Xboxでも使えるのです。Airbnbのような企業と話してみるとよいでしょう。彼らにとっては、われわれのスマートフォンのシェアが3%であることを考えると、デスクトップやXboxに向けて何かを開発することの方がより魅力的かもしれません。

 そして、そのようにしてユーザーを引きつけたところで、スマートフォンアプリの登場です。この戦略は、経路依存型ですが、私が経路依存と言うのは、開始地点と最終的にたどりつくところは同じではないという意味です。そして、その言葉には多くの微妙な意味合いがあります。開発者にとっての根本的な真実とは、ユーザーがいれば開発をするということです。そしてわれわれの場合、デスクトップのユーザーがいることが真実なのです。

 では、Windows 10ではなぜStartメニューにこれだけの変更を行うのかというと、それは単に私が古いものを復活させたかったからではありません。それがわれわれのストアの流動性を向上させる最善の方法だからです。「Windows 8」は素晴らしいOSでしたが、誰もストアを発見できないのが唯一の欠点でした。Windows 10では、ストアはすぐそこにあって、感じの良い仕上がりになっています。

 私はそれを、われわれの開発者の成功につなげたいのです。そうなれば、開発者はスマートフォン向けのアプリを開発するようになります。そして、それどころか、Windows 10への無料アップグレードは、スマートフォンに関する当社の立場を改善するために行っていることです。それこそ、私がWindows 10への無料アップグレードを提供する決断を下した理由です。私がWindows Phoneに注力しているかどうかを知りたければ、低価格のスマートフォンをさらに4モデル開発するということよりも、Windowsの無料アップグレードに関して私が行ったことを考えるべきです。

--Windows 10を無料にすることが、どうしたらあなたがWindows Phoneに注力しているという意味になるのでしょうか。そこが私には分からないのですが。

 こうした全てのことが、結局は開発者をどうやってWindowsに集めるかということにつながるからです。開発者がWindowsに来れば、スマートフォンのアプリも開発するようになります。Windowsを選ぶ理由がHoloLensだとしても、Xboxだとしても、デスクトップだとしても、そうしたものは全て、開発者をスマートフォンに導くのです。真正面から競争しようというのではありません。それは決してうまくいかないでしょう。ほかとは違う視点を持つことが必要なのです。

 後編に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]