編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
Microsoft WPC 2015

「真逆の方法」でクラウド競争に勝つ--マイクロソフト - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2015-07-16 07:59

競合パートナーのリクルートに注力

Microsoftのワールドワイドパートナーグループ、Partner Profitability & Compete担当ディレクターのBrent Combest氏
Microsoftのワールドワイドパートナーグループ、Partner Profitability & Compete担当ディレクターのBrent Combest氏

 Microsoftのワールドワイドパートナーグループ、Partner Profitability & Compete担当ディレクターのBrent Combest氏は「競合他社のクラウドを主に担いでいるようなパートナーリクルートに特に力を入れる」と話す。

 初日の基調講演に登壇したDataStaxやRackSpaceなどもその一例という。数の予想はしていないが「かなりの動きがあると考えている」とのこと。

 鍵を握るCSPプログラムについては、CSPパートナー企業が直接エンドユーザーに販売をするモデル「Tier 1」に加え、クラウド流通会社としてクラウド販社を募集し、成長させることでチャネルを開拓するモデル「Tier 2」も展開していく。

 日本において現状、Tier 2としての契約を結んでいるのは、ソフトバンクコマース&サービスとダイワボウ情報システムの2社のみだ。

 ソフトバンクコマース&サービスはもともと、Microsoftとシンジケーションパートナー契約を結び、「Office 365」のサポートサービスを提供してきた。執行役員ICT事業本部MD本部長の原山健一氏は「これまではソフトバンクとして独自のサポートを実施したりしていたが、Tier 2契約を結ぶことにより、より汎用的な事業が可能になる」と話す。

 ソフトバンクはこれまで、Google Appsの主要リセラーとしても知られていた。こうした企業が、Office 365などの競合製品の扱いを強化していくという例は、競合パートナーのリクルート活動の成果とも言えそうだ。

 一方、ダイワボウ情報システムの販売推進本部販売推進3部で課長代理を務める井沢哲也氏は「(従来の主力ビジネスであったサーバ機などの販売を前提に)ソフトウェアを買えば、必ずハードウェア購入がついてくる」と指摘。日本マイクロソフトとの協業関係に期待を寄せている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]