編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SUSE、64ビット対応ARMプロセッサ向け「SLES 12」をパートナー各社に提供へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-16 10:26

 スマートフォンに搭載されているARMプロセッサは、サーバ用途としても十分な性能を持つようになってきている。Hewlett-Packard(HP)はそう考え、ARMプロセッサを搭載した「HP ProLiant Moonshot Server」製品を既に市場に投入している。ドイツに拠点を置くLinuxディストリビューターのSUSEも同じ考えを抱いているようだ。


 SUSEは現地時間7月14日、サーバ向けの64ビット対応ARMプロセッサをサポートした「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)12」をパートナー各社に向けてリリースすると発表した。この新バージョンによって、パートナー各社は新たな製品を開発、テストし、市場に投入できるようになる。なお、このビルドではAMDやApplied Micro Circuits、Caviumといったベンダーのほか、DellやE4 Computer Engineering、HP、SoftIronといったサーバメーカーの64ビット対応ARMプロセッサをサポートしている。

 ARMプロセッサを使用することで、データセンターやクラウドユーザーの消費電力を低減できるという点は、Red HatやCanonicalといった他のLinux企業も認識している。というのも64ビット対応ARMプロセッサを搭載したマイクロサーバの熱設計電力(TDP)は10〜45W程度である一方、一般的なx86サーバは90W以上となっているためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]