編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Dropbox、ビジネスコミュニケーションアプリのClementineを買収

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)

2015-07-23 10:38

 Dropboxが、メッセージングや音声通話、会議などのサービスを提供する新興企業Clementineを買収した。同社の独自サービスは停止される。

 今回の買収により、Dropboxは既に保有する技術に補足する形で、メッセージングおよびコラボレーション用ツールにClementineの技術を採用するものとみられる。

 Clementineはブログ投稿で、サービスを停止するが、アプリの無料機能は米国時間8月31日まで利用できると述べている。

 Clementineが単独でこの先成功するのは難しかったはずだ。同社は職場でのセキュアなテキストメッセージングや通話およびチャット、さらには電話会議のサービスを提供していた。しかし同社の技術の多くは、大小のエンタープライズ向けIT企業によってさまざまな製品に模倣されていた。

 Dropboxには4億人のユーザーがいることから、Clementineのサービスは今後、より多くのオーディエンスを見つける可能性が高まるとみられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]