編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セキュアソフト、多機能型ゲートウェイ--IPSやDDoS攻撃対策などを組み合わせ - (page 2)

日川佳三

2015-07-24 07:30

 さらに、直近のネットワークパケットの通信の傾向から、マルウェアの振る舞いを検知する。今後の機能追加では、IPアドレスのレピュテーション(ブラックリストの共有知識)なども利用できるようにする予定。この他の機能は、以下の通り。

  • DDoS攻撃対策の例として、SYNパケットばかりを送りつけてくる通信と、TCPの3ウェイハンドシェイクを介した通信を区別して、必要な通信を最小限に減らす
  • DHCP攻撃対策の例として、登録されていない送信元MACアドレスをブロックする
  • Regular Expressionは、ユーザー固有のシグネチャを正規表現で記述する

 ハードウェアプラットフォームは、スループット性能などに応じて3機種6モデルを用意した。エントリモデルの「ONE 2000」は1.5Gbpsと3Gbpsの2モデル、ミッドレンドモデルの「ONE 4000」は2Gbpsと4Gbpsの2モデルを用意しており、インターフェースはギガビットイーサネットを搭載。ハイエンドモデルの「ONE 40G」は20Gbpsと40Gbpsの2モデルを用意しており、10Gビットイーサネットを搭載する。

Sniper ONEの外観(写真はハイエンドモデルのONE 4000)
Sniper ONEの外観(写真はハイエンドモデルのONE 40G)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]