「Red Hat Enterprise Linux 6.7」がリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年07月24日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatが「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6.7」をリリースした。最新のRed HatのOSとなり、ダウンロードして実装できる。

 RHEL 7系を利用する準備ができていないのなら、RHEL 6.7を利用すべきだ。RHEL 6.7には、最新のシステムセキュリティ機能、トラブルシューティングツールなどが含まれている。


 セキュリティでは、取り外し可能なメディアのリードオンリーのマウントが可能となり、データの漏えいを防ぐ。このほか、「Security Content Automation Protocol(SCAP)Workbench」も加わっている。SCAP WorkbenchはRHEL 6.7上の既存のSCAP機能を土台としており、企業のセキュリティガイドラインや基準に照らし合わせてサーバを測定できる。

 RHEL 6.7は「Red Hat Access Insights」とも互換性がある。Access InsightsはRed Hatのホステッドサービスで、顧客による問題の特定と解決を支援するものだ。Red Hat認定エンジニア(Red Hat Certified Engineers)と顧客サポートチームの知識を活用できる専門家システムとして動作する。

 RHEL 6.7は物理、仮想、クラウド環境での実装も可能にする機能も備える。一例として、クラスタ設定フォーマットの分析と変換ツール「clufter」がある。clufterは技術プレビューの段階だが、システム管理者はこれを利用して既存の高可用性設定を更新してRed Hatの最新の高可用性ツールで動かすといったことが可能になるという。

 また、「LVM Cache」がフルサポートとなった。これによりユーザーはSSDベースのストレージ性能のメリットを最大限に享受できる。

 RHEL 6.7は「Red Hat Customer Portal」経由でも提供される。顧客は既存のワークロードをコンテナベースのアプリケーションに変換できる。RHEL 7、「RHEL Atomic Host」「OpenShift Enterprise 3」などのRed Hat認定ホストで動かすこともできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算