編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

新しい「Windows 10」アプリストア、開発者向けに7月29日オープンへ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-24 10:19

 来る7月29日には「Windows10」がリリースされる。Microsoftは米国時間の同日、Windows 10に対応した「Universal Windows Platform」(UWP)アプリを開発するための「.NET」ツールの最終版をリリースする予定だ(このツールは現在プレビュー段階にある)。同時に、開発者が新規開発した、あるいはWindows 10対応にした既存のUWPアプリを登録するための新たなWindowsストアをオープンする。

 UWPアプリは基本的に、一度開発すればWindows 10搭載PCや、「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォン、(Windows 10対応にアップデートした)「Xbox One」、近々登場する「HoloLens」、さらには「Raspberry Pi」ボードといった、Windows 10コアが稼働するすべてのデバイス上で実行できるアプリケーションだ。つまり、これらすべてのWindows 10対応デバイス上で、まったく同じランタイムとフレームワークが動作するようになる。

 「Microsoft .NET Native」コンパイラは、UWPアプリ向けに既にアップデートされた。現在のところ、UWPアプリにおけるデフォルトのランタイムおよびフレームワークとなっており、Windows 10アプリを特定タイプのデバイス上で実行できるようにするうえでの鍵となっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]