2020年までに世界最先端IT国家に--日本政府の戦略 - (page 2)

林 雅之 2015年07月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)IT利活用の深化により未来に向けて成長する社会

 政府は、国や地方を通じたIT化を促すための制度整備に向けて、「IT利活用を加速する新たな法制度の検討(新規)」を実施し、「IT利活用の裾野拡大のための規制制度改革集中アクションプラン」に基づく各施策を推進や、ビッグデータの活用を促進するためのデータ活用環境整備などの取り組みを進める。

 また、「パーソナルデータの利活用整備」や「課題解決型のオープンデータの推進(新規)」などデータを活用した新たなビジネスモデル構築や新たな雇用創出につなげる。

 今回の改訂版では、IoTや人工知能の進化による急激な時代の進化への対応の必要性が多く示されている。実世界とサイバー空間が相互に連関するサイバーフィジカルシステムと全ての産業においてデータが分野横断的に流通するデータ駆動型のイノベーション創出に向けた環境整備を強化する。

 政府はこの秋にも「CPS(サイバーフィジカルシステム)推進協議会(仮称)」を創設し、ルール整備や体制づくり、先進事例の共有など、データ駆動型の新たな事業創出につながる取り組みを推進するという。

 オープンデータでは、今回から「課題解決型のオープンデータの推進(新規)」にあるように、“課題解決型”という文言が付け加えられ、より地域に根差した内容が盛り込まれている。



(出所:出所:世界最先端IT国家創造宣言 改訂版 工程表 2015.6.30
公共データの民間開放(オープンデータ)の推進)

 これまで、公共データの二次利用を可能とするルールの策定や、データカタログサイトの整備、地方公共団体オープンデータ推進ガイドラインの策定などの取り組みを実施してきた中で、活用の検討の必要性が顕在化してきた。

 今後は、「課題解決型のオープンデータの推進」に発想を転換し、府省庁の重要施策などの検討に当たっては、課題の発見(可視化)・解決の一手段として、オープンデータの活用可否を検討し、政策決定過程においてオープンデータのビルトイン化を進める。

 普及啓発に向けた取り組みでは、優良事例の水平展開として、オープンデータ100の収集、配信も進める。オープンデータ活用の鍵となる地方公共団体への取り組み支援では、民間有識者などの人材派遣やオープンデータ伝道師の任命、自治体特有データ形式の標準化などをあげている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算