編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで - 16/18

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

Windows 8
(2012年10月25日リリース)

 Windows 8には3種類の32ビット/64ビット(x86)エディション(「Windows 8」「Windows 8 Pro」「Windows 8 Enterprise」)があった。さらに、ARMベースシステム向けに第4のエディション「Windows RT」もリリースされた。Enterpriseエディションは「Software Assurance」(SA:ソフトウェアアシュアランス)の顧客にのみ提供され、セキュアなブータブルUSBフラッシュドライブを作成できる「Windows To Go」機能を備えていた。Active Directoryドメインに参加できるProとEnterpriseはビジネス向けのエディションだった。

 MicrosoftがWindows 8で最も力を入れたのは、タッチスクリーンデバイス(タブレットや、ノートPCとタブレットのハイブリッドデバイスなど)に対応することだった。そのための手段が、以前はMetroという名称だったフラットなタイルベースのインターフェースだ。

 従来のWindows 7風のデスクトップも残された(Startボタンは廃止)が、システムの起動後に表示されるのは新しい外観のStartスクリーンだった。

Windows 8
(2012年10月25日リリース)

 Windows 8には3種類の32ビット/64ビット(x86)エディション(「Windows 8」「Windows 8 Pro」「Windows 8 Enterprise」)があった。さらに、ARMベースシステム向けに第4のエディション「Windows RT」もリリースされた。Enterpriseエディションは「Software Assurance」(SA:ソフトウェアアシュアランス)の顧客にのみ提供され、セキュアなブータブルUSBフラッシュドライブを作成できる「Windows To Go」機能を備えていた。Active Directoryドメインに参加できるProとEnterpriseはビジネス向けのエディションだった。

 MicrosoftがWindows 8で最も力を入れたのは、タッチスクリーンデバイス(タブレットや、ノートPCとタブレットのハイブリッドデバイスなど)に対応することだった。そのための手段が、以前はMetroという名称だったフラットなタイルベースのインターフェースだ。

 従来のWindows 7風のデスクトップも残された(Startボタンは廃止)が、システムの起動後に表示されるのは新しい外観のStartスクリーンだった。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]