編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで - 17/18

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

Windows 8.1
(2013年10月17日リリース)

 Windows 8.1は、「Blue」という開発コード名だったMicrosoftのアップデート群の一部であり、中でも注目を集めたのが、多くのユーザーが望んでいたデスクトップタスクバー上のStartボタンの部分的な復活だった。しかし実際には、従来のStartボタンとは異なるもので、よりカスタマイズ性の高いStartスクリーンにアクセスするための視覚的なボタンだった。

 ログイン時に直接デスクトップにアクセスすることも可能で、デスクトップのStartボタンまたはWindowsキーを設定して、Startスクリーンではなく「Apps」ページにアクセスすることもできる。事実上Windows 8のサービスパックであるWindows 8.1は、「Windows Store」から無料でダウンロード可能だ。

 Windows 8.1の他の新機能には、強化された検索機能、バンドルされるWindows Storeアプリの増加、最大4つのアプリを並べて表示させて使用できる機能、「SkyDrive」の統合強化、再設計されたWindows Storeなどがあった。

Windows 8.1
(2013年10月17日リリース)

 Windows 8.1は、「Blue」という開発コード名だったMicrosoftのアップデート群の一部であり、中でも注目を集めたのが、多くのユーザーが望んでいたデスクトップタスクバー上のStartボタンの部分的な復活だった。しかし実際には、従来のStartボタンとは異なるもので、よりカスタマイズ性の高いStartスクリーンにアクセスするための視覚的なボタンだった。

 ログイン時に直接デスクトップにアクセスすることも可能で、デスクトップのStartボタンまたはWindowsキーを設定して、Startスクリーンではなく「Apps」ページにアクセスすることもできる。事実上Windows 8のサービスパックであるWindows 8.1は、「Windows Store」から無料でダウンロード可能だ。

 Windows 8.1の他の新機能には、強化された検索機能、バンドルされるWindows Storeアプリの増加、最大4つのアプリを並べて表示させて使用できる機能、「SkyDrive」の統合強化、再設計されたWindows Storeなどがあった。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]