編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

Windowsの変遷を画像で振り返る--「Windows 1.0」から「10」まで - 3/18

ZDNet Staff 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-30 06:30

Windows 3.0
(1990年5月22日リリース)

 初めて広範に普及したWindowsバージョンである「Windows 3.0」では、ユーザーインターフェースが大幅に変更されたほか、「Intel 80286」および「Intel 80386」プロセッサのメモリ管理機能をより有効に活用できるようになった。

 「Program Manager」と「File Manager」が初めて登場し、再設計されたControl Panelと「Solitaire」(今もWindowsに欠かせない要素となっている)も搭載された。Windows 3.0は256色VGAをサポートするため、全体的に外観がよくなった。

Windows 3.0
(1990年5月22日リリース)

 初めて広範に普及したWindowsバージョンである「Windows 3.0」では、ユーザーインターフェースが大幅に変更されたほか、「Intel 80286」および「Intel 80386」プロセッサのメモリ管理機能をより有効に活用できるようになった。

 「Program Manager」と「File Manager」が初めて登場し、再設計されたControl Panelと「Solitaire」(今もWindowsに欠かせない要素となっている)も搭載された。Windows 3.0は256色VGAをサポートするため、全体的に外観がよくなった。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]