編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KDDI、クラウド基盤サービスで仮想ADCアプライアンスを採用

NO BUDGET

2015-07-30 12:40

 KDDIは、企業向けクラウド基盤サービス「KDDIクラウドプラットフォームサービス」(以下、KCPS)において、新たな仮想ADC(アプリケーション・デリバリー・コントローラ)アプライアンスを採用した。仮想ADCアプライアンスを提供するA10ネットワークスが7月29日、発表した。

 KCPSは、インターネットとイントラネットからの接続に対応し、企業の用途に応じてパブリッククラウドやプライベートクラウドとして利用できるクラウド基盤サービス。稼働率99.99%のSLAを標準で備え、事業継続のニーズにも対応可能なサイトバックアップ機能など拡張性に富むオプション機能を提供する。

 そのオプションの1つとして、ロードバランサ機能が以前から提供されてきたが、ユーザーが負荷分散以外の機能を利用するには追加ライセンス購入が必要だったことや、各インスタンスに含まれる仮想ADCライセンスキーを毎年更新する必要があるなど、コストや手間などの面で課題があった。

 近年では、アプリケーションを最適化し、優れたユーザー体験を提供するためADC機能を搭載したロードバランサへの需要が高まっている。KDDIはこれまで使ってきたロードバランサの課題を解決するため、新たにA10の「vThunder ADC」アプライアンスの採用を決めた。

 選定の理由として、KDDIのクラウド基盤サービスを強化する多彩な機能を備えていること、運用コストの削減と社内ワークロードの合理化が実現できたことなどを挙げている。KCPSで新たに採用したvThunder ADCの機能は、7月30日から利用可能となる(月額料金制)。

 vThunder ADCの特徴は以下の通り。

  • セキュリティとディザスターリカバリ機能が追加されたグローバルサーバーロードバランシング(GSLB)機能
  • ADCライセンスキーの更新が不要になり、設備投資、運用コスト、ワークロードの削減が可能に
  • 導入後すぐに、高い拡張性、セキュリティ、高い信頼性の機能を活用可能
  • 機能制限なしで高度なアプリケーションパフォーマンスを実現
  • キャリアグレードネットワーキング(CGN)のCGNATによって制限のあるIPv4アドレスが拡張されるとともに、多数の機能によってIPv6への容易な移行が可能
  • アプリケーションデリバリパーティション(ADP)が需要に応じた高密度マルチテナンシ環境をサポート
  • L4-7アプリケーションデリバリーコントローラサービス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]