編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

FAQ:「Windows 10」をMacで使うために--互換性や設定のヒント

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-08-06 06:15

 筆者は、「Windows 10」の最初のビルドが公開されたときから、同OSを自分の「Mac」上で使ってきた。読者の皆さんはさまざまな質問を抱えているようなので、筆者がそれにお答えしよう。

 (編集部注:本記事の内容は筆者の経験に基づくものであり、動作を保証するものではありません)

--Windows 10はMac上で動くのか。

 Windows 10はMac上で動く。筆者は、いくつものシステムに最終リリースビルドをインストールしたが、どのシステムでも非常にスムーズに使うことができた。

--Windows 10がサポートされるMacはどれか。

 正確に全てを列挙するのは難しいが、筆者の経験に基づいて言えば、最近5年間に販売されたMacであれば大丈夫なはずだ。心配であれば、後述の互換性チェッカーの使用法を確認するとよい(対象のMacがすでに「Windows 7」もしくは「Windows 8.1」を搭載している必要があることに注意してほしい)。

--Windows 10は「Boot Camp」上で動くか。

 Windows 10は、Boot Campでは正式にはサポートされていないが、問題なく動作するようだ。実際に、Boot Campは筆者がWindows 10を稼動させた中で、最もうまくいったシステムの1つだろう。そう考える人はほかにもいる。

 「Boot Camp Assistant」を起動して、設定を始めよう。

--Boot Campについて何か助言はあるか。

 Boot Campのデフォルトの設定では、Windowsに16Gバイトのディスク領域を確保するよう提案される。しかし、余裕を持ってインストールできるよう、筆者は25Gバイト確保しておくことをお勧めする。

--Windows 10は「Parallels Desktop」上で動くか。

 動くが、「Parallels Desktop 10」が必要だ。筆者の場合では、その点以外は全く問題がなかった。

--Windows 10は「VirtualBox」上で動くか。

 動く。セットアップもとても簡単だ。

--「VMware Fusion」では動くか。

 動くが、「VMware Fusion 7」上で動かす必要がある。

--仮想マシンについて何かヒントはあるか。

 Windows 10に最小でも2GバイトのRAMを割り当てること。しかし、メモリを大量に消費する人で、8Gバイトや16GバイトのRAMを搭載したMacを使用しているなら、少なくとも4Gバイト割り当てよう。Windows 10をスムーズに動作させるために効果があると気付いたのは、基本的にこれだけだ。

--Windows 7/8/8.1をBoot Camp/Parallels Desktop/VirtualBox/VMware Fusion上で稼動させている場合、Windows 10へのアップグレードの対象になるか。

 対象になる。実際のところ、きちんとパッチを適用していれば、システムトレイに「Windows 10 を入手する」のアイコンがすでに表示されているはずだ。

--システムトレイに「Windows 10 を入手する」のアイコンが表示されていない。どうすればよいか。

 ダウンロードとインストールが必要なアップデートがないかどうか確認しよう。通常はそれで問題が解決する。

--仮想マシンやBoot Campをアップグレードする前に、互換性の問題を確認できるか。

 「Windows 10 を入手する」アプリでできる。詳しくはこちらを見てほしい(これはMac専用ではないので、同じ問題が発生している人なら誰にでも役立つはずだ)。

--Windows 10のISOファイルはどこでダウンロードできるか。

 ここからダウンロードできる。しかしながら、新たなインストールにはプロダクトキーが必要になることを覚えておいてほしい(これはMac専用ではないので、同じ問題が発生している人なら誰にでも役立つはずだ)。

--アップグレードの前にデータのバックアップは必要か。

 自分のデータが大事であればした方が良い。筆者は、インストールと再インストールを何度も行ったが、データが消えたことはなかった。だが同時に、万が一うまくいかなかったときのために、バックアップを取るようにしていた。

--Windows 10をMac上でさらに快適に使える方法はあるか。

 「Trackpad++」をインストールすることだ。これは、Appleのマルチタッチジェスチャと、「MacBook」で使われている新しい「Force Touch」トラックパッドのためのサードパーティー製Windowsドライバだ。「OS X」の2~4本指でのジェスチャをサポートしているだけでなく、Windows 8/10のジェスチャのサポートや、トラックパッドに間違ってタッチした場合にそれを検出し、無視する機能もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]