海外コメンタリー

FAQ:「Windows 10」をMacで使うために--互換性や設定のヒント

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年08月06日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は、「Windows 10」の最初のビルドが公開されたときから、同OSを自分の「Mac」上で使ってきた。読者の皆さんはさまざまな質問を抱えているようなので、筆者がそれにお答えしよう。

 (編集部注:本記事の内容は筆者の経験に基づくものであり、動作を保証するものではありません)

--Windows 10はMac上で動くのか。

 Windows 10はMac上で動く。筆者は、いくつものシステムに最終リリースビルドをインストールしたが、どのシステムでも非常にスムーズに使うことができた。

--Windows 10がサポートされるMacはどれか。

 正確に全てを列挙するのは難しいが、筆者の経験に基づいて言えば、最近5年間に販売されたMacであれば大丈夫なはずだ。心配であれば、後述の互換性チェッカーの使用法を確認するとよい(対象のMacがすでに「Windows 7」もしくは「Windows 8.1」を搭載している必要があることに注意してほしい)。

--Windows 10は「Boot Camp」上で動くか。

 Windows 10は、Boot Campでは正式にはサポートされていないが、問題なく動作するようだ。実際に、Boot Campは筆者がWindows 10を稼動させた中で、最もうまくいったシステムの1つだろう。そう考える人はほかにもいる。

 「Boot Camp Assistant」を起動して、設定を始めよう。

--Boot Campについて何か助言はあるか。

 Boot Campのデフォルトの設定では、Windowsに16Gバイトのディスク領域を確保するよう提案される。しかし、余裕を持ってインストールできるよう、筆者は25Gバイト確保しておくことをお勧めする。

--Windows 10は「Parallels Desktop」上で動くか。

 動くが、「Parallels Desktop 10」が必要だ。筆者の場合では、その点以外は全く問題がなかった。

--Windows 10は「VirtualBox」上で動くか。

 動く。セットアップもとても簡単だ。

--「VMware Fusion」では動くか。

 動くが、「VMware Fusion 7」上で動かす必要がある。

--仮想マシンについて何かヒントはあるか。

 Windows 10に最小でも2GバイトのRAMを割り当てること。しかし、メモリを大量に消費する人で、8Gバイトや16GバイトのRAMを搭載したMacを使用しているなら、少なくとも4Gバイト割り当てよう。Windows 10をスムーズに動作させるために効果があると気付いたのは、基本的にこれだけだ。

--Windows 7/8/8.1をBoot Camp/Parallels Desktop/VirtualBox/VMware Fusion上で稼動させている場合、Windows 10へのアップグレードの対象になるか。

 対象になる。実際のところ、きちんとパッチを適用していれば、システムトレイに「Windows 10 を入手する」のアイコンがすでに表示されているはずだ。

--システムトレイに「Windows 10 を入手する」のアイコンが表示されていない。どうすればよいか。

 ダウンロードとインストールが必要なアップデートがないかどうか確認しよう。通常はそれで問題が解決する。

--仮想マシンやBoot Campをアップグレードする前に、互換性の問題を確認できるか。

 「Windows 10 を入手する」アプリでできる。詳しくはこちらを見てほしい(これはMac専用ではないので、同じ問題が発生している人なら誰にでも役立つはずだ)。

--Windows 10のISOファイルはどこでダウンロードできるか。

 ここからダウンロードできる。しかしながら、新たなインストールにはプロダクトキーが必要になることを覚えておいてほしい(これはMac専用ではないので、同じ問題が発生している人なら誰にでも役立つはずだ)。

--アップグレードの前にデータのバックアップは必要か。

 自分のデータが大事であればした方が良い。筆者は、インストールと再インストールを何度も行ったが、データが消えたことはなかった。だが同時に、万が一うまくいかなかったときのために、バックアップを取るようにしていた。

--Windows 10をMac上でさらに快適に使える方法はあるか。

 「Trackpad++」をインストールすることだ。これは、Appleのマルチタッチジェスチャと、「MacBook」で使われている新しい「Force Touch」トラックパッドのためのサードパーティー製Windowsドライバだ。「OS X」の2~4本指でのジェスチャをサポートしているだけでなく、Windows 8/10のジェスチャのサポートや、トラックパッドに間違ってタッチした場合にそれを検出し、無視する機能もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]