編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CA Technologies、アイデンティティ管理を手がけるXceediumを買収へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-05 10:17

 ソフトウェアプロバイダーのCA Technologiesは米国時間8月4日、Xceediumの買収を発表した。今回の買収によってCA Technologiesは、アイデンティティ関連の資産を充実させようとしている。

 2000年に創業された非公開企業のXceediumは、オンプレミス環境やクラウド環境、ハイブリッド環境に最適化された特権ID管理ソリューションを提供している。

 Xceediumはバージニア州レストン(ワシントンD.C.近郊)に拠点を置いているが、ニュージャージー州と、カナダの首都オタワにもオフィスを構えている。同社は、政府機関のほか、金融業界や小売業界、製造業界の企業を主な顧客としている。

 2014年に本社をニューヨーク市に移転したCA Technologiesは、4日の買収発表で、Xceediumの「Xsuite」プラットフォームを取り上げたうえで、このプラットフォームを「CA Privileged Identity Manager」に統合することで、複数のハイブリッドクラウド環境をまたがった、よりきめの細かいロールやアクセスを提供できるようになると述べた。

 CA Technologiesのシニアバイスプレジデント兼セキュリティ担当ゼネラルマネージャーSteve Firestone氏は「CAとXceediumの技術を統合することで、特権アイデンティティ管理分野におけるリーダーシップを強化し、特権アイデンティティに関するコンプライアンスやリスクの管理を行ううえでの柔軟なアプローチを顧客に提供する」と述べている。

 買収の金銭的な条件は明らかにされていない。なお、買収は2015年第3四半期の末までに完了すると見込まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]