編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」
海外コメンタリー

ITリーダーのための「Windows 10」入門(下)--サービスブランチ3種の違いなど - (page 2)

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-08-07 06:15

影響を受けるユーザー

 要件を満たす「Windows 7(SP1)」やWindows 8/8.1を使用しているユーザーは一般提供開始後の1年間、Windows 10 HomeやWindows 10 Proに無料でアップグレードすることができる。Windows XPやWindows Vistaのユーザーは、「Microsoft Store」や小売業者からWindows 10を購入する必要がある。Windows XPやWindows VistaからWindows 10への直接的なアップグレードパスはない。これらを搭載する機器では、Windows 10を「クリーンインストール」する必要があり、ユーザーはこの新OSをインストールする前にデータをバックアップしておかなければならない。

リリース日

 Windows 10の一般提供(GA)は2015年7月29日に開始されたが、Microsoftは段階的なリリーススケジュールを採用している。

 Windows 10 Enterpriseと「Windows 10 Education」は2015年8月1日より、Microsoftの「ボリュームライセンスサービスセンター」経由で提供されている。いずれのエディションも、Windows 10を最初の1年間無料で提供するプログラムの対象になっていない。

Windows 10の入手方法

 一般提供開始後の1年間、要件を満たすWindows 7(SP1)やWindows 8/8.1の正規品を使用しているユーザーは、Windows 10 HomeやWindows 10 Proを無料で入手できる。要件を満たすマシンでは、「Windows 10を入手する」アプリのアイコンがタスクバーに表示され、ユーザーはそこから同OSの無料コピーを「予約」することができる。新OSをインストールする前に予約を取り消すことも可能だ。

 2015年7月29日、Microsoftは(Windows 10をテストしてきた)「Windows Insider Program」登録ユーザーと、「Windows 10を入手する」アプリ経由でアップグレードを予約したユーザーに対して、Windows 10の提供を開始した。Windows 10のファイルはバックグラウンドでダウンロードされる。ファイルのダウンロードが完了したら、ユーザーはアップグレードを開始することができる。

 「Windows 10を入手する」アプリのアイコンが表示されない、または要件を満たす複数のデバイスにWindows 10のインストールを希望するWindows 7およびWindows 8のユーザーは、MicrosoftからISOイメージをダウンロードして、アップデートファイルを入手するといい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]