編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本株の強弱材料--企業業績は順調だが先行きに不安

ZDNet Japan Staff

2015-08-07 11:07

 8月6日の日経平均株価は50円高の2万644円だった。4-6月の決算はおおむね順調だったが、外部環境に不透明感があり、上下とも大きくは動きにくくなっているという。楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト、窪田真之氏が日本株の強弱材料を指摘する。

(1)日経平均は2万~2万1000円の範囲でやや膠着


日経平均推移:2015年2月2日~2015年8月6日

 4-6月決算の実績を見ると、一部不振企業はあるものの、全体を見るとおおむね好調。企業業績だけ見ていると、日経平均はすぐ2万1000円を越えて上昇していっても不思議はない。

 ところが、世界経済には不透明要因が増え、また日本では安倍内閣の支持率が急落するなど、投資環境にさまざまな不安要因が増えている。外部環境を見ていると、日経平均はもう一度2万円に向けて下がっても不思議ではない。好調な企業業績と不安の多い外部環境を両方見ながら、日経平均は上下とも大きくは動きにくくなっている。

(2)今期、金融を除き18%増益の予想を継続


東証一部上場3月決算企業(除く金融)の経常利益(出所:楽天証券経済研究所が作成)

 4-6月の企業業績はおおむね好調だ。2016年3月期の東証一部経常利益(除く金融)は、会社予想では9%増益だが、楽天証券経済研究所では、18%増益に上方修正されると予想している。

(3)日本国内の不安要因

・安倍内閣の支持率急落

 国内で一番懸念されるのは、安倍内閣の支持率急落だ。日本経済新聞社が7月に実施した調査では、支持率が38%に急落。不支持率が50%に急上昇した。この状態が続くと、地方選挙で自民党の敗退が続き、来年の参院選でも自民党の苦戦が予想される。そうなると、自民党が進めようとしている経済の構造改革はできなくなり、外国人投資家の日本株投資意欲に水を差す可能性がある。

・4-6月GDP

 8月17日8時50分に公表される4-6月GDPに注目が集まっている。前期比年率でマイナスであったという予想が増えている。日本の景気は回復トレンドにあるものの、輸出の回復が鈍いため、力強い回復とはなっていません。

(4)世界経済に不安要因が増える

・中国景気の失速懸念

 中国の景気が予想以上のピッチで減速してきている可能性がある。中国向けの輸出が2割近くを占める日本への影響は避けられない。また、中国との経済的なつながりが大きい東南アジアの景気回復も遅れる可能性がある。

・資源安ショック

 中国景気失速懸念を受けて、原油が7月から再び大きく下がった。原油だけでなく、石炭、鉄鉱石、金などコモディティ価格が全面安となっている。その影響で、資源国の景気が一段と悪化する可能性が出ている。

・欧州景気も減速

 ギリシャのデフォルトは回避された。ただ、欧州景気の低空飛行は続きそうだ。中国景気が悪化すれば、中国との経済関係が深いドイツの景気に悪影響が及ぶ。直接にも間接にも、中国経済の世界景気への影響は大きくなりそうだ。

・米FRBが年内利上げ見通し

 米景気は好調で、日本の企業業績に追い風になっている。ただし、米FRBが年内利上げの方針であり、利上げがあれば、一時的に世界の金融市場に悪影響を及ぼす可能性がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]