編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Box、メタデータサービスに3つの新機能--「Sharepoint」と同期も可能に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-10 10:19

 Boxは米国時間8月6日、同社のクラウドプラットフォーム上に保存される有益なデータを定義、格納するためのメタデータサービスに、3つの新機能を追加すると公式ブログで発表した。

 1つ目は、同社のメタデータプラットフォームの中心となる新たな管理者コンソールだ。IT担当者はこのコンソールを使うことで、組織をまたがって使用するメタデータのテンプレートを作成、配布、管理できるようになる。

 2つ目の機能は、メタデータテンプレートAPIや先進的な検索APIを通じて、ソフトウェアのコンテンツにメタデータ機能をアタッチ、編集するためのものだ。

 そして3つ目の機能によって、メタデータテンプレートにさらなる柔軟性がもたらされる。同機能を使うことで、サードパーティー製品からメタデータテンプレートをインポート/エクスポートし、複数のプラットフォームをまたがってリポジトリを同期できるようになる。同社はサードパーティー製品の例として、Microsoftの「Sharepoint」とEMCの「Documentum」という2つのコンテンツ管理システムを挙げている。

 この新たなメタデータテンプレートは現在、希望した顧客に提供されており、9月には「Business Plus」および「Enterprise」「Elite」の顧客に提供される予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]