編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Stagefright」を検出する「Android」向けアプリ

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 福岡洋一 (ガリレオ)

2015-08-10 11:40

 「Android」搭載端末を何かお持ちだろうか?その端末に「Stagefright」バグへの脆弱性があるかどうか(その可能性は高い)知りたいだろうか?それなら、そのためのアプリがある。

 Stagefrightは、Androidユーザーを悩ませる最新の厄介な脆弱性だ。これはマルチメディアメッセージングサービス(MMS)を介して広がり、いったん感染すると、デバイスはハッカーに完全に乗っ取られてしまう。

 その危険があるかないかを判断するにはどうしたらよいか。ひとまず言えるのは、最新版にアップデートされた「Nexus」デバイスを使っている(あるいは「CyanogenMod」のようなカスタムROMを導入している)のでない限り、「危険はある」ということだ。だが、その不安が的中しているかどうかを調べるためのアプリがある。セキュリティ企業Zimperium(この脆弱性を最初に発見した企業でもある)が提供する「Stagefright Detector App」というアプリで、システムをスキャンして脆弱性を調べてくれる。

 そしてStagefrightの脆弱性が検出されると、このアプリはユーザーに解決方法を購入させようとする。

 何かを買うような気分になれないとしても、そのデバイスで利用できるパッチがない場合にどうすればStagefrightからデバイスを守れるか、いくつか有効なアドバイスをZimperiumは提供している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]