海外コメンタリー

グーグル再編への期待と懸念--各社アナリストの評価は?

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年08月17日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alphabetの設立により、Googleを分解して持株会社構造に変換するという動きは、透明性の向上と、Larry Page氏とSergey Brin氏によるさまざまな実験的取り組みに対する適切な評価に向けた歓迎すべき一歩であると受け止められている。同時に、Alphabetはテクノロジ業界のBerkshire Hathaway(米国の巨大持株会社)になる可能性を秘めたものとしても見られているようだ。

 少なくとも、アナリストらはそのような成果を期待している。

 米国時間8月10日、Googleは持株会社Alphabetの子会社になる計画を発表した。Larry Page氏がAlphabetの最高経営責任者(CEO)、Sergey Brin氏がプレジデントに就任する。Googleは中核事業に集中し、Sundar Pichai氏をCEOに迎える。「Google Fiber」や自動運転車、ドローン配送といったさまざまな実験的取り組みは切り離され、将来的に各々の事業になる可能性もある。

 アナリストの当初の反応は肯定的なものだったが、ウォッチャーの多くは、Alphabetが実際にどれだけの透明性を実現できるのかは現時点では不明だと指摘した。11日時点での各社アナリストのコメントは以下の通りだ。

 Wells Fargoのアナリスト、Peter Stabler氏:

 前向きに捉えてはいるが、今回の動きによって「中核的なGoogle」は経営指標をさらに公開する道を選ぶのだろうかという疑問が、すぐに提起されるだろう。特に、モバイル検索やYouTubeの成長率のほか、広告技術プラットフォーム「DoubleClick」などGoogleのディスプレイ広告製品の相対的な貢献度の影響について、投資家がよりよく理解できるような指標への関心が高まっている。簡潔に言うと、今回の動きは、高度な投資戦略に関する投資家の主要な質問には答えをもたらすかもしれない。しかし現時点では、中核的なGoogleについてさらに詳細な経営指標がすぐに提供されるのかどうか、手がかりは全く提示されていない。さらに、中核的なGoogleの資産を切り離すことは、支出の管理に一層積極的に取り組むことを意味するのかという疑問も、投資家は提起するだろう。

 Stifelのアナリスト、Scott Devitt氏:

 何年にもわたる株価上昇を求めてインターネット界のBerkshire Hathawayが登場し、Larry Page氏とSergey Brin氏はWarren Buffett氏とCharlie Munger氏になった、というのがわれわれの見立てだ。同社はこのところ投資家に対して、正に彼らが求めているものを提供してきた。強力な経営チームが規律正しく価値創出に注力し、複数の事業部門が適度に自立して事業を行ってきた。

 JMP Securitiesのアナリスト、Ronald Josey氏:

 経営構造が変わることにより、Alphabetは第4四半期より部門別の決算報告を開始する。それにより、Googleの中核事業である検索や広告、インターネット事業の経営状態と収益性が明らかになるとわれわれは考えている。これまでは、Googleの自動運転車や「Project Wing」といった、中核的でない営業資産、さらに健康分野への取り組み(CalicoやLife Sciences)を含むインターネットと直接関係のない事業への投資のために、中核事業の経営状態と収益性を正確に把握することが困難なことが多かった。新しい決算報告がどれだけ詳細なものになるのかはまだ不明だが、われわれは、同社が最低でも主要な営業部門ごとの売上高と収益性を報告し、全体的な透明性を高めてくれると予想している。

 Cowenのアナリスト、John Blackledge氏:

 GoogleはAlphabetの設立によって、今後インターネット事業を自主的に経営する新しいリーダーたち(Pichai氏など)にスポットライトを当てることになる。これにより、Page氏とBrin氏は、より長期的でスタートアップ志向の取り組み、そして、より大きな成長に注力できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]