内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

経営に科学を組み込みイノベーションを--IT部門が乗り越えるべき壁

内山悟志(ITRプリンシパル・アナリスト) 2015年08月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、IT部門がビジネスへの貢献度を高めるためには、まず経営者やユーザーとITの価値に対する認識を共有することが重要だと述べました。今回は、次に踏み出すべきIT部門の進化の方向性として、「価値提供能力」と「ユーザー部門とのかかわり」という観点から考えていきます。

IT部門に求められる2つの進化

 多くのIT部門では、これまで“縁の下の力もち”を演じてきたという経緯から、計数管理の文化や社内マーケティングの機能が醸成されておらず、その結果、IT部門のビジネスへの貢献度が経営者やユーザー部門から正当に評価されないという声が多く聞かれてきました。

 また、ユーザー部門からの要求やバックログ、組織変更、法対応、保有資産の維持、保守などで忙殺されるあまり、業務や事業に踏み込んだ能動的な活動が十分に行われてこなかったというIT部門も少なくありません。

 ITの事業や業務における役割が拡大し、ビジネスイノベーションへの適用が期待される中、IT部門は、企業内の唯一のIT専門家集団としての任務を果たすために、次なるステージに進化することが求められています。ここではIT部門に求められる進化の方向を「価値提供能力」と「ユーザー部門とのかかわり」という2つの軸で整理してみましょう(図)。


IT部門に求められる進化と乗り越えるべき壁(出典:ITR)

 横軸の価値提供能力は、前回述べた「ITの価値連鎖モデル」の3つの層に当てはまります。(1)基本的(必然的)価値から、(2)付加(能動的)価値へ、そして(3)革新的価値が提供できるステージへの昇華していかなければなりません。

 また、縦軸のユーザー部門とのかかわりという点においては、a.既存業務の維持に対する支援から、b.既存業務の改善の支援、c.業務と変革と高度化のパートナーとして、さらに、d.新規の顧客価値を創造するためのパートナーという位置まで関係性を深めていくことが求められます。

 ビジネスに貢献するIT部門の理想の姿への進化に道筋は、それぞれの組織によって異なりますが、そこへ到達するまでに越えなければならない壁は共通しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]