調査

標的型攻撃対策で非シグネチャのマルウェア検出ニーズ高まる:IDC分析

NO BUDGET 2015年08月14日 10時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは8月13日、ソフトウェアとアプライアンスを含めた2014年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場規模実績と2019年までの予測を発表した。2014年の同市場の市場規模は前年比3.1%増の1681億円。このうち、巧妙化が進む標的型攻撃向けに特化した脅威対策製品をみると、2014年は前年比89.4%増の52億円と進展、2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は27.8%、2019年には177億円と予測している。

 同社では、国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場をエンドポイントセキュリティ、メッセージングセキュリティ、ウェブセキュリティ、ネットワークセキュリティの4つの機能別市場に分類し、市場規模を算出、予測している。2014年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場は、巧妙化する標的型攻撃や人為的な情報搾取によって重大なセキュリティ事件が相次いで発生したことでセキュリティ対策需要が高まり、前年比成長率3.1%と堅調だった。

2014~2019年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場の機能別売上額予測
2014~2019年の国内セキュアコンテンツ/脅威管理製品市場の機能別売上額予測(IDC提供)

 2015年からは、サイバーセキュリティ基本法施行やマイナンバー制度開始、個人情報保護法改正といった国政の施策が具体的に始まる。これらの法規制からユーザー企業ではサイバーセキュリティ対策とマイナンバーなどの個人情報への保護対策の強化が求められるため、同市場への需要が拡大するとみている。同市場の2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は4.2%で、市場規模は2014年の1681億円から2019年には2067億円に拡大すると予測している。

 機能別にみると、エンドポイントセキュリティ市場では、2014年はコンシューマー市場が前年比3.7%増の565億円、企業向け市場が前年比5.9%増の410億円となり、市場全体では前年比4.6%増の975億円となった。

 コンシューマー向けと企業向け製品はともに、2014年前半はWindows XPのサポート終了に向けたPC買替需要の高まりで需要が拡大したほか、企業向け製品ではサーバ仮想化環境に対応したエンドポイントセキュリティ製品への需要が拡大している。国内エンドポイントセキュリティソフトウェア市場の2014~2019年のCAGRは、コンシューマー向け製品が4.3%、企業向け製品が4.6%で市場全体では4.4%、2019年の市場規模はコンシューマー向け製品で696億円、企業向け製品で513億円となり、市場全体では1209億円と予測している。

 ネットワークセキュリティ市場は、標的型サイバー攻撃対策としてニーズが高い不正侵入検知システム(IDS)や不正侵入防御システム(IPS)と、アプリケーション層まで制御する次世代ファイアウォールを含む統合脅威管理(UTM)が市場をけん引し、2014年の市場規模は前年比5.3%増の363億円と堅調だった。

 2015年以降も、標的型攻撃対策として多層防御機能を備えたUTMやIDS/IPSへの需要は継続して高く、そして仮想環境の広がりでソフトウェア製品の需要は拡大するとみられ、同市場の2014~2019年のCAGRは4.6%で、2019年の市場規模は454億円と予測している。

 一方、標的型攻撃の巧妙化が進む近年では、従来までのシグネチャベースによるウイルス検出が難しくなってきていることを受け、サンドボックスエミュレーションやコードエミュレーション、データアナリティクス、コンテナ化などの非シグネチャベースのウイルス検出技術を搭載した脅威対策製品へのニーズが高まっている。IDCでは、このような非シグネチャベースの外部脅威対策製品を「標的型攻撃向け特化型脅威対策製品」と定義しており、2014年の市場規模は前年比89.4%増で、市場規模は52億円となった。

 こうした製品は、既存の外部脅威対策製品との連携で未知と既知のマルウェアに対する検出から駆除までシステマティックに対策できることから、ニーズがさらに高まるとみられ、同市場の2014~2019年のCAGRは27.8%、2019年の市場規模は177億円と予測している。

 国内IT市場では、プライベートクラウドとパブリッククラウドをワークロードによって使い分け、その間のデータを連携させるハイブリッドクラウド化への流れが主流になりつつあるほか、ハードウェアを抽象化し、ソフトウェアによってハードウェアをプログラマブルに制御するITインフラである“SDI(Software-Defined Infrastructure)”の普及が今後本格化してくる。

 セキュリティでも、こうしたIT基盤の変化に対応し、オンプレミスで提供しているセキュリティ対策をクラウド環境でも提供できるようにクラウドセキュリティ対策を拡充することが重要と考えられる。同社ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏が、以下のようにコメントしている。

 「ベンダーは、オンプレミスで提供しているセキュリティ対策をクラウド環境でも提供できるようにクラウドセキュリティ対策の拡充を図るべきである。特に、SDIでは、ホストベースのファイアウォールやIDS/IPS、仮想マシンに最適化されたエンドポイントセキュリティ、暗号化やデータ損失防止(Data Loss Prevention:DLP)といった情報保護管理などのセキュリティ対策が重要であり、SDIに組み込まれて展開する必要がある」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]