編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、「Community Cloud」プラットフォームに購入ボタンを埋め込み可能に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-14 11:35

 Salesforce.comは米国時間8月13日、オンラインコミュニティープラットフォーム「Community Cloud」に企業が購入ボタンを埋め込み可能にすることを発表した。 テンプレート上でコンポーネントをドラッグ&ドロップするだけでフォーラムで直接製品を購入できるようになるという。

 Salesforceの狙いは「Commerce in context(文脈でのコマース)」として、Trip Advisor、Etsyなどがビジネスの文脈でやっていることに倣うものだ。Demandware、CloudCraze、Bigcommerceの3社の電子商取引事業者との提携により、APIではなくネイティブに統合できる点も特徴となる。


 3社は、Salesforceが抱えるさまざまな規模の企業の顧客の大部分をカバーする。同社のCommunity Cloudマーケティング担当シニアバイスプレジデントのMike Stone氏は、「顧客は、電子商取引にまつわる面倒さを省略したいと思っている。APIは素晴らしいが、われわれの顧客はスピードを求めている」と述べる。

 コマースは、Salesforceが9月15日から18日までサンフランシスコで開催する自社イベント「Dreamforce」で重要なトピックとなる。

 コミュニティーにコマースのコンポーネントを容易に統合するためには、Salesforceの顧客はDemandware、CloudCraze、Bigcommerceの顧客である必要がある。Salesforceは2015年末から2016年にかけてパートナーのコンポーネントが統合されると予想しており、コードを書かない人がアプリケーションを構築できる「Lighting Components」の一部になる。

 Salesforceと3社のパートナーは、電子商取引のプロセスをすぐに消化できるものにすることで、顧客が継続してWebサイトを調節しながらコミュニティーとコマースが交わるポイントはどこかを測定できるようにする。

 Salesforceのメリットとしては、自社の顧客に容易に測定可能な営業方法を提供することにある。コミュニティーは一般的に投資対効果(ROI)の測定が難しいが、フォーラムが営業と直結すればしっかりとした測定が可能になる。Salesforceの「Commerce in context」の取り組みは、BtoC、それにBtoBを視野に入れたものだ。




この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]