編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

BitTorrentトラッカーのiTS、「Windows 10」ユーザーをブロック

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-25 10:26

 「Windows 10」のユーザー数は急速に増えている。しかし、同OSのプライバシー設定に不信感を抱く人々も増えてきている。一部のBitTorrentサイトはWindows 10をまったく信用していない。少なくとも「iTS」というBitTorrentトラッカーは、Windows 10ユーザーによるアクセスをブロックした。また他のサイトも、Windows 10ユーザーの締め出しを検討している。

 Windows 10を用いてiTSのトラッカーにアクセスすると、「Windows 10はユーザーがコンピュータ上で行った操作を捕捉するとともに、電子メールや会話、動画、写真の内容など、ありとあらゆるものを追跡するスパイツール以外の何物でもない」と主張するYouTube動画にリダイレクトされる。

 その主張の根拠は、Microsoftの新たに統合されたサービス規約の「7. 本サービスまたはソフトウェアの更新および本規約の変更」だ。具体的には、「マイクロソフトは、お客様のソフトウェアのバージョンを自動的に確認し、ソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更をダウンロードすることがあります。ダウンロードされるソフトウェア更新プログラムまたは構成の変更には、お客様による本サービスへのアクセス、海賊版ゲームの使用、または無許可のハードウェア周辺機器の使用を防止するものがあります」というものだ。

 これに加えて、BitTorrentのトラッカーを管理する人々は、ユーザーがWindows 10のプライバシー設定をオフにしても、Microsoftにデータが送信されるという点に懸念を抱いている。

 iTSはそのことだけであれば許容したかもしれないが、Microsoftがデータを共有する相手に我慢できなかったようだ。Redditへの投稿によると、iTSは「Microsoftはあらゆるデータに対する保護条項を破棄し、収集可能なデータをすべからく自社の掌中に収めるだけでなく、第三者にも提供すると決定した。こうした第三者には、海賊版対策企業の大手であるMarkMonitorも含まれている。またWindows 10は、ユーザーのローカルディスクに保存されているコンテンツも、彼らのサーバに直接送信する。これは明らかに行き過ぎであり、われわれのようなサイトにとって深刻な脅威となるため、対策を講じざるを得なかった」と述べている。

 iTSは、「The Pirate Bay」といった他のBitTorrentサイトと同様、著作権で保護された楽曲やテレビ番組、映画といったコンテンツに対するアクセス手段も提供している。このようなコンテンツを.torrent形式のファイルとしてインデックス化するという、BitTorrentトラッカーが行っている行為そのものが違法か否かを問う議論は別にある。

 「FSC」や「BB」といったその他のBitTorrentトラッカーは、Windows 10によるアクセスを行わないようユーザーに求めているが、今のところアクセスをブロックするには至っていない。世界最大のBitTorrentトラッカーPirate Bayの動向にも注目が集まっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]