編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

PC出荷台数は前年同期比4割減、円安とXP反動で--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2015-08-26 07:00

 IDC Japanは8月25日、日本国内のPC市場の調査結果を発表した。4~6月のPC出荷台数は、ビジネス市場が前年同期比42.1%減の132万台、家庭市場は同比27.9%減の121万台、同比36.0%減の計253万台となった。

 4~6月は、1月~3月に引き続き、出荷台数が大きく落ち込んだ。出荷台数が253万台を下回るのは、1999年4~6月の246万台までさかのぼるという。出荷台数が落ち込んだ主な要因として、円安により値ごろ感が出せなかったこと、2014年のWindows XPのサポート終了による特需の反動減の2つを挙げた。

 ベンダー上位5社の出荷台数は、前年同期比3割~5割減となる大幅なマイナス成長。その中で、日本HPは、マイナスの幅を抑えて前期より1.0ポイントシェアを伸ばし、東芝と同率3位となった。

 NEC レノボグループは、流通在庫に課題があり、ビジネス市場で前年同期比46.4%減、家庭市場では同比30.3%減、全体では39.2%減。

 富士通は、利益重視の戦略から、無理な出荷を避け、ビジネス市場で前年同期比53.2%減。家庭市場では同比39.3%減、全体では47.7%減だった。

 東芝は、ビジネス市場で前年同期比44.9%減、家庭市場では同比36.3%減、全体では40.3%減となった。

 HPは、ビジネス市場で前年同期比29.3%減と他のベンダーと比べてマイナス幅が小さいことが貢献し、家庭市場では同比63.1%減だった、全体では37.4%減となった。

 Dellは、ビジネス市場では、中堅中小企業の不調が響き、前年同期比51.6%減、家庭市場では同比30.6%減、全体では47.5%減だった。

 IDCは4~6月は、非常に厳しい結果だったがビジネスで利用しているPCの稼動台数が減ったわけではないと指摘。母数が変わらなければ、再び買い替え需要があり、家庭市場では、Windows10による需要喚起も少なからず期待できると分析している。


2015年第2四半期 国内クライアントPC出荷台数 トップ5ベンダーシェア、対前年成長率(実績値)(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]