編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、「Spectrum」ストレージをクラウド対応に

Colin Barker (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部

2015-08-28 10:24

 ストレージ管理ソフトウェアおよびハードウェアをクラウド対応するという戦略に基づき、IBMは米国時間8月26日、「Spectrum Accelerate」と「Spectrum Protect」製品をハイブリッドストレージ環境で管理できるようにしたと発表した。

 SpectrumはIBMが2月に発表したストレージシステムソフトウェアの製品ライン。これは、ソフトウェア定義ストレージに10億ドルを投資するというIBMの計画の一部となる。

 IBMは「データセンターがソフトウェア定義型になりつつあるという新しい現実」を指摘しており、これはハードウェアからライセンスの販売への移行を意味している。IBMは、この取り組みを発表してから6カ月で「1000以上の新規顧客がIBM Spectrum Storageポートフォリオから製品を選択した」としている。

 「IBM Spectrum Accelerate on Cloud」は、「IBM SoftLayer」インフラ経由でIBM Cloud向けのアプリケーション・アズ・ア・サービスを提供するものだ。「企業はこれを利用して、新規にストレージハードウェアを購入したり、大規模なアプリケーション群を管理することなく、SoftLayer上でブロックストレージを導入できる」という。

 IBMはまた、ストレージと同一サーバ上にあるコンピューティングリソースを統合することにより、コスト削減も図るとしている。IBM Spectrum Accelerateは「XIV Storage System」、オンプレミスサーバ、クラウド環境で利用できる移植性のあるライセンスを持ち、「運用上の柔軟性を得られる。また、ITインフラをソフトウェア定義ストレージに変革する支援も提供する」とIBMは述べている。


提供:IBM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]