編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

セキュリティ企業や政府機関にも被害--海外の重大な情報漏えい、2015年これまでを振り返る - 2/11

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-08-29 06:30

Kaspersky Labが攻撃を受け、懸念が広がる

 ロシアのアンチウイルス・セキュリティ会社であるKaspersky Labへの攻撃は、規模こそ大きくなかったが、過激な行動でありリスクも高いものだった--主にハッカーにとって。Kaspersky Labは6月に、同社のシステムに対する「ほとんど目に見えない」ハッキング攻撃を検知したと発表した。この攻撃は、2011年のDuqu攻撃の背後にいた国によって行われた可能性が高いという。同社の強固な守りにより、データこそ盗まれなかったが、この事件で、最高のセキュリティ企業でさえ標的になり得るという憂慮すべきトレンドが明らかになった。

Kaspersky Labが攻撃を受け、懸念が広がる

 ロシアのアンチウイルス・セキュリティ会社であるKaspersky Labへの攻撃は、規模こそ大きくなかったが、過激な行動でありリスクも高いものだった--主にハッカーにとって。Kaspersky Labは6月に、同社のシステムに対する「ほとんど目に見えない」ハッキング攻撃を検知したと発表した。この攻撃は、2011年のDuqu攻撃の背後にいた国によって行われた可能性が高いという。同社の強固な守りにより、データこそ盗まれなかったが、この事件で、最高のセキュリティ企業でさえ標的になり得るという憂慮すべきトレンドが明らかになった。

提供:Kaspersky

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]