編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

AMD、高性能な小型グラフィックスカード「Radeon R9 Nano」を発表

John Morris (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-31 10:53

 チップメーカーのAMDは最新のグラフィックプロセッサ「Radeon R9 Nano」を発表した。新しいスタック型メモリ技術により、ハイエンドゲームを消費電力効率に優れた小型システムに圧縮できるという。Radeon R9 Nano事前に予想されていたものだが、AMDは米国時間8月27日に詳細とともに発表した。

 サイズは小さいが、Nanoは大型のグラフィックプロセッサに引けをとらない。フラッグシップの「R9 Fury X」と同様、Nanoは28ナノメートルの「Fiji GPU」をベースとし、64基の演算ユニット(ストリームプロセッサは合計4096基)、4Gバイトのスタック型DRAMを持つ。最大のメモリバス幅は毎秒512GB。違いは、Nanoはさらに小型化されて消費電力がわずか175ワットとなり、小型PCに搭載できる点だ。性能にどのような影響を与えるのかは、9月の出荷時が近づいたころにレビューを待つしかないが、AMDによると28ナノメートルの「Hawaii GPU」を土台としたハイエンドのフルサイズ機種「R9 290X」よりも30%高速だとAMDは主張している。

 興味深いのは、小さなパッケージでは高度な処理技術の恩恵が受けられないのに、AMDがどのようにしてこのレベルの性能を実現したのかだ。GPUは過去5年ほど、28ナノメートルで停滞していた。AMDのフェローで製品担当最高技術責任者(CTO)のJoe Macri氏は、8年にわたるパートナーとの作業によりそれを可能にする「High Bandwidth Memory (HBM)」を開発したと「Hot Chips」カンファレンスで述べた。


 AMDとNVIDIAのグラフィックカードのほとんどが、特別なグラフィックDRAM(GDDR)メモリを採用している。これはスペースをとる。一方、FuryとNanoは1GバイトのHBMスタックを4基(各スタックには、2GBのチップ4基と論理ダイが含まれる)持ち、合計4Gバイトを実現している。メモリは少なくなるが、帯域が増え、消費電力も削減する。HBMスタックはチップの横に配置できるため、スペースの削減にもつながる。




この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]