編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Pivotalとヴイエムウェア、コンテナ向けプラットフォーム「Photon Platform」で協業

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-01 10:42

 サンフランシスコ発--Pivotalは当地で開催中のVMwareの年次カンファレンス「VMworld 2015」で、VMwareによる最新の「Photon Platform」向けとなるターンキーソリューションを発表した。Photon Platformは、VMwareが同日発表した、コンテナや変化の多いワークロード向けのAPI主導のプラットフォームだ。

 Pivotalのクラウドプラットフォームグループ担当ゼネラルマネージャー兼バイスプレジデントのJames Watters氏は、VMwareのPhoton Platformを「Pivotal Cloud Foundry向けのパーフェクトな基盤」と賞賛した。Pivotal Cloud FoundryはPivotalのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)製品で、そのまま使えるクラウドコンピューティング環境を約束するものだ。

 PivotalとVMwareの協業は、クラウドを始めたばかりの顧客をターゲットとしている。特に、自社のクラウドを構築するか、クラウドネイティブなソフトウェアスタックを実装するかで迷っている顧客向けとなる。

 PivotalのターンキーツールセットによりIT担当者は新しい開発環境を得られ、サブスクリプションベースの価格モデルにより拡張性のある実装が可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]