編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

シトリックス、ヴイエムウェア「Horizon」から「Xen」への移行促すサービスを開始

Natalie Gagliordi (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-01 11:39

 Citrixは競合するVMwareからの顧客引き抜きを狙い、大胆な乗り換えキャンペーンを開始した。このキャンペーンは期間限定で実施され、「VMware Horizon」の顧客が「Citrix Workspace Suite」に乗り換える場合に、ライセンス料金が最大で50%減額される。Citrix Workspace Suiteには、仮想化製品の「XenApp」と「XenDesktop」が含まれている。

 Citrixは、VMwareからの移行時にダウンタイム、障害、生産性低下はいっさい発生しないと確約している。同社のテクニカルマーケティング担当ディレクターであるVishal Ganeriwala氏は、公式ブログで「XenDesktop環境を導入すれば、移行サービスの支援により、移行はほぼダウンタイムなしで15分以内に完了する」と述べている。また、同社はVMware製品に対するXenDesktopの優位性として、迅速なイメージ更新、効率的なHTML5アクセス、高速なファイルの印刷と保存、アプリケーションの起動などを前面に押し出している。

 こうしたキャンペーンによる顧客の引き抜き合戦は、テクノロジ企業やテレコム企業の間で一般的に行われているが、Citrixが仕掛けた今回のキャンペーンのタイミングは注目に値する。VMwareは現在、サンフランシスコで大規模イベント「VMworld 2015 US」を開催中であるためだ。

 VMwareは「One Cloud, Any Application, Any Device(1つのクラウド、あらゆるアプリケーション、あらゆるデバイス)」という戦略を掲げてきたが、これは同イベントの主要テーマとなっている。これはソフトウェア定義インフラストラクチャを通じて、あらゆるデバイス上であらゆるアプリケーションを常時実行可能にするという同社のビジョンを表したものである。

 CitrixはVMwareが打ち出したこの戦略にも露骨な対決姿勢を示しており、「Why Only One?(なぜ1つ?)」「Any Application. Any Device. Any Cloud.(あらゆるアプリケーション、あらゆるデバイス、あらゆるクラウド)」というスローガンを掲げて、「#WhyOnlyOne」というハッシュタグのツイートを積極的に発信している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]