田中克己「2020年のIT企業」

AI活用に新たな成長の活路を見出す

田中克己 2015年09月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「機械が機械を管理する」。そんな時代を先取りしたのが、LinuxやJavaなどオープンソースソフトウエア(OSS)を活用したシステム構築や保守サポートなどを手がけるサイオステクノロジーの「SIOS iQ」である。

 機械学習の機能を採り入れたITオペレーション分析ツールで、データセンターの異常を予測するもの。「運用自動化の先駆者になる」と意気込む喜多伸夫社長は、機械学習などAI(人工知能)に新たな成長の活路を見出そうとしているように思える。

各部門がIT予算を別々にもつ弊害

 サイオステクノロジーがデータセンターの運用自動化に取り組むのは、IT部門とビジネス部門がIT予算を別々に持つ弊害の解消にある。

 問題の1つは、ビジネス部門がIT部門に相談せずにパブリッククラウドを使った新しいシステムを作り上げてしまうこと。そんなサイト型システムが脆弱性をつかれて、機密情報が盗まれたら、誰が責任を負うのか。IT部門は「ビジネス部門が勝手にやったこと」と責任を転嫁することはできないだろう。

 解決策の1つは、ITを管轄するIT部門のIT予算と、ITを使うビジネス部門のIT予算を一括管理することだろう。その実現には、ビジネス部門がデータセンターを容易に利用できる環境がいる。それは、データセンターの運用自動化と言い換えられる。

 一方、運用要員を増やせる経営状況でもないのに、管理するサーバが何倍にも増えている。クラウド化の進展により、仮想マシンベースなら数十倍、数百倍にもなれば、人が管理するのは不可能になる。

 そう考えたサイオスは今年2月、クラウドや仮想環境でのアプリケーションの稼働状況を監視、分析し、性能や信頼性などを改善するソリューションとしてSIOS iQの無償提供を始めた(7月に有償版の提供開始)。例えば、ストレージの性能が低下したら、何が起きているのかを学習し、運用停止などにつながる異常を未然に防ぐ。同社が長年扱っているシステム障害を監視するLifeKeeperの延長線ビジネスでもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算