編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBMとARM、IoT分析での連携を発表

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-04 10:40

 IBMとARMがモノのインターネット(Internet of Things:IoT)のデバイス分析機能の強化で手を組む。中でも産業、気候、ウェアラブルなどの業界にフォーカスする。

 2社が米国時間9月3日に発表した計画によると、IBMのIoTプラットフォーム「IBM IoT Foundation」にARMの技術を統合する。これにより、ARMのIoTプラットフォームである「mbed」ユーザーが直接IBM IoT Foundationの分析機能を利用できるようになる。

 ARMのmbed対応チップを利用する製品は自動的にIBMプラットフォームに登録され、収集した情報は分析のためにクラウドに配信される。IBMプラットフォームとの接続を利用して、製造業は遠隔からの機器管理やデバイスに故障があった際のアラートの送信などのイベントをユーザーに送ることも可能だ。

 IBMのIoT Foundationには動きの速いデータを管理し分析するためのツール、IoTデバイスが収集した情報を保護するセキュリティシステムが含まれており、IBMのPlatform as a Service(PaaS)でデータフローを処理する「IBM Bluemix」にもアクセスできる。

 IBMはARMとの協業に加えて、「IoT for Electronics」を発表した。業界特化型のIoT製品にフォーカスしたサービスだ。電子関係の製造業はIoTデバイスのセンサからの情報収集機能を得られ、これを他のデータと組み合わせてリアルタイム分析も可能になるとIBMは説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]