東証一部スピード上場へ、オプティムが‟佐賀の農業”にかける思い

羽野三千世 (編集部) 2015年09月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オプティム 代表取締役社長 菅谷俊二氏

 PCやスマートデバイス、IoT機器、ウェアラブル端末を遠隔から統合管理するクラウドサービス「Optimal Biz」を提供するオプティム。独自のデバイスリモート制御技術や画面共有技術で多数の特許を有し、知的財産戦略に長けた企業としても知られる。新興市場に上場する情報通信企業の中で同社は特許資産規模ランキング第1位、同社創業者で代表取締役社長の菅谷俊二氏個人の特許資産規模も情報通信分野で日本人第1位だ(パテント・リザルト調べ)。

 2014年10月に東証マザーズに上場し、初本決算となる2015年3月期業績では前年度比3.6倍の営業増益を記録した。9月に上場市場変更を申請し、10月には市場変更の規定上最短の1年で東証一部に上場する見通しだ。

農業ITは採算が取れる

 同社は今夏、佐賀県、佐賀大学農学部と連携して“農業ビッグデータ”のビジネスに参入した。

 佐賀県の全農業試験場において、ドローンで農場を空撮した動画データや、カメラを搭載するアイウェア型デバイス(スマートグラス)で撮影した農作業者の視覚情報、各種センサで測定した農場の温湿度など、農業に関する多様なデータをクラウド上に吸い上げて蓄積。同時に、農業関連データの解析手法、実際の農業でのデータ活用についての研究を進める。


佐賀大学農学部の農業試験場を飛ぶドローン

 データ解析基盤として、ドローンやウェアラブル端末を含むデバイスを統合遠隔管理する機能とデータ解析機能を併せ持ったクラウドサービス「SkySight」を開発し、農業事業の開始に合わせてリリースした。ドローンで撮影した作物の“色の配合”を分析するRGB解析技術、ドローンの飛行ルートを地図情報上にマッピングする機能などを実装する。


「SkySight」でドローンが空撮した映像を画像解析

 ドローンの映像をRGB解析することで、例えば、畑の中から枯れ葉や害虫のいる葉の自動検出が可能になるという。このように、データの蓄積と解析を通じて農業を省力化し、生産者1人あたりで管理できる農地面積を増やすことで農業人口減少という社会問題を解決しようというのが、農業ビッグデータビジネスの目指すところだ。

 農業ITもビッグデータビジネスも採算化が難しいとされる事業分野ではあるが、菅谷氏は「国の方針で今後日本の農業全体が企業化、大規模化に向かう。農業ビッグデータビジネスは遠くない将来に採算ベースに乗る」と事業成功に自信を見せる。

 農業ビッグデータの取り組みと平行して、同社の事業成長の源泉である知財戦略のノウハウを佐賀県、佐賀大学に提供し、農業技術の知財化を推進していくことを表明している。

農学部出身のIT経営者が農業へ

 「佐賀を世界一の農業ビックデータ地域にする」――。大望を語る若き経営者は、実は佐賀大学農学部の出身だ。とりわけ“佐賀の農業”に思い入れが強いのもうなずける。

 これまで、農業分野でのビジネス経験はない。学部3年生だった2000年にオプティムを起業。動画ダウンロード中に企業広告を流す仕組みなどインターネット広告サービスの開発からスタートした。その後、NTTグループと業務資本提携し、パソコンやインターネットのリモートサポートサービス、パソコンやモバイル端末のリモート管理サービスの開発、提供へと事業を展開してきた。

 現在のビジネスの主軸はOptimal Bizだが、従来モバイルデバイス管理(MDM)サービスと称していた同サービスの位置付けを、ここにきて「IoTプラットフォームサービス」に変更した。「PCやスマートデバイスだけでなく、IoT機器、ウェアラブル端末を含むあらゆるデバイスを統合管理するインフラ」(菅谷氏)であることを強調している。

 今年8月、スマートグラスを活用する遠隔作業支援サービスを発表。「建築や医療、教育などあらゆる産業でウェアラブルデバイスを使う新しい働き方を提案していく」(菅谷氏)としていた。今回の農業ビジネスへの参入はその一環だ。

次は遠隔医療事業

 オプティムが次に狙うビジネスフィールドは「医療」だ。9月2日に、医療情報のプラットフォームを提供するMRTと、医療IT分野での業務提携を発表した。オプティムの遠隔支援技術と、MRTが持つ医療機関ネットワークを組み合わせて、遠隔地にいる医師に簡単に健康相談ができるサービスを共同開発するとしている。

 MDMからウェアラブル、農業、医療へと矢継ぎ早にビジネス展開するオプティムに今後も注目したい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]