編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Dynamics CRM 2016」の最新情報を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-14 10:44

 Microsoftは米国時間9月8日、同社のCRMソリューションの次期リリースである「Microsoft Dynamics CRM 2016」に搭載される新機能に関する最新情報を発表した。

 この次期リリースには、同社が3月に発表していた機能のほとんどが予定通り含まれており、オンプレミス版とクラウド版の双方のDynamics CRMユーザーに提供される。

 Microsoftは、「Microsoft Dynamics CRM Fall 2015」と銘打った、Dynamics CRM 2016(開発コード名:「Ara」)と「Microsoft Dynamics Marketing」(開発コード名:「Capella」)、「Microsoft Social Engagement」(開発コード名:「Corvus」)のプレビュープログラムに対する受付を8月6日から開始している。秋の製品群に対するこのプレビュープログラムは9月から開始されている。またこれらの製品群は第4四半期中に提供される予定だ。

 Microsoftが明らかにしたリストに含まれる、Dynamics CRM 2016の新機能や2015年中に登場する秋の製品群の残りの機能は以下の通り。

  • セールスアクティビティと「Cortana」のさらなる統合
  • Cortana Analytics Suiteとのより強固な統合
  • 「Azure Machine Learning」を使用した「Microsoft Social Engagement」での感情分析
  • オフラインモバイル機能
  • Intuneを利用した一層優れたモバイルアプリ管理
  • 次世代Outlook向けCRMアプリケーションの次期リリース。電子メールの追跡や担当者の追加、PCやMacおよびモバイルのブラウザを利用したレコードの追加を行うことができる
  • Office Delveとの連携
  • OfficeアプリをDynamics CRM利用中のブラウザやモバイルアプリから開くことができる機能

 また同社によると、2014年のParatureの買収によりMicrosoftのCRMファミリにもたらされた知識管理およびセルフサービス機能と、7月に買収したFieldOne Systemsのフィールドサービス機能の統合も計画しているという。

 今回のプレビューリリースについて解説している「Microsoft Dynamics CRM 2016 Release Preview Guide」はPDFでダウンロードできる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]