マイクロソフトで数名の幹部が人事異動

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年09月14日 11時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのWindows部門を率いていたDavid Treadwell氏は、2015年7月にクラウド&エンタープライズ部門に異動したが、これまで具体的な役職は明らかにされていなかった。しかしこのたび消息筋からの情報により、同氏の新しい役職がアイデンティティ担当コーポレートバイスプレジデントであることが明らかとなった。Microsoftの担当者もこの情報が正しいことを認めた。

 Microsoftで勤続26年になるTreadwell氏は、Windowsエンジニアリングのプログラムマネジメント担当コーポレートバイスプレジデントを務めていたが、7月にCEOのSatya Nadella氏より、Windows部門を離れ、クラウド&エンタープライズ部門に新たに設けられる役職に就任するよう要請されたことを、7月に明かしていた。

 情報筋によると、この人事異動の一環として、Microsoftはアイデンティティ&セキュリティ部門を、アイデンティティ部門とセキュリティ部門に分割するという。アイデンティティ部門はTreadwell氏が率いる一方、セキュリティ部門のコーポレートバイスプレジデントにはBharat Shah氏が統括する模様。この部門分割について、Microsoftのコメントは得られていない。

 Microsoftでは、これ以外にも最高幹部の人事異動が行われており、リーガル&コーポレートアフェアーズ(LCA:Legal & Corporate Affairs)のゼネラルカウンセル兼エグゼクティブバイスプレジデントだったBrad Smith氏が、プレジデント兼最高法務責任者(CLO)に就任した。同氏は引き続き最高経営幹部のチームに留まり、レポートラインや組織構成にも変更はないが、同氏は法務、個人情報保護、セキュリティ、パブリックポリシー、社会貢献、環境保護など、Microsoftの全社的な対外施策を統括することになる。この異動は米国時間9月11日に、CEOのNadella氏により社内メールで告知された。

 なお、肩書きに「プレジデント」が含まれているのはSmith氏だけではない。たとえば、北米のセールスとマーケティングを統括するJudson Althoff氏の肩書きは北米担当プレジデントである。とはいえ、Microsoftで部門横断的なプレジデントを務めるのはSmith氏が初めてだとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算