編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップル、「watchOS 2」のリリースを延期--バグ修正が長引く

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-09-17 08:28

 Appleは米国時間9月16日、Apple Watch向けの独自OS「watchOS 2」のリリースを、バグを理由に延期した。同ソフトウェアのリリース予定時期は明らかにされていない。

 Appleは声明で、「開発中に検出したバグの修正が、予想よりも少し長引いている」「16日には公開できないが、近いうちにリリースする予定である」と述べた。

 一方の「iOS 9」は、予定通り16日にリリースされた。

 watchOS 2の提供延期は、1年前の「iOS 8」リリースを思い起こさせる。2014年にiOS 8がリリースされた際にも、Wi-Fi接続や「TouchID」などの機能に問題が生じた。すぐさまアップデートがリリースされたが、それによってさらに問題が引き起こされた。Appleがこれらの問題をようやく解決したのは、iOS 8がリリースされてから1週間以上経ってからだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]