編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

世界景気に対する悲観はやや行き過ぎ

ZDNet Japan Staff

2015-09-17 10:43

 9月16日の日経平均は、106円高の1万8133円だった。PERの低い輸出株が大きく上昇する一方、PERが高い内需株には値下がりが多くなった。

 楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏世界景気に対する過度な悲観の修正が始まる兆しだろうという。

16日は低PER株が買われる

東証33業種、上昇率上位5業種:9月16日


 世界景気に不安があったので、これまで輸出株(自動車・ゴム・電機・機械)はPERで見て割安であっても、投資を避けられてきた。16日は、そういう割安な輸出株が買われた。内需株(小売り・サービス・食品・医薬品など)は、これまで消去法的に物色されてきたため、PERで見て割高な株が増えている。16日は割高な内需株は売られた。

世界景気に対する悲観はやや行き過ぎでないか

 中国景気の悪化は世界景気に悪影響を及ぼすが、米国景気が堅調である以上、世界的な景気後退に至る可能性は低いと考えられる。新興国の不振が鮮明だが、日米欧先進国は、資源価格急落の恩恵を受けて、景気回復が続くと予想される。

 世界景気への過度な悲観が修正される局面では、景気敏感株が買われる。窪田氏は、その時期が近づいていると予想しているという。

 過去の例では、リーマンショック後の2009年1~3月、世界景気の悪化が続く中、景気敏感株が上昇を始めたことがあった。

リーマンショック後の日経平均の動き:2008年8月~2009年7月


(注:楽天証券経済研究所が作成)

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]