編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

セールスフォースが発表したIoT技術「Thunder」、2016年のリリースに期待

Doug Henschen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-18 10:56

 Salesforceはサンフランシスコで開催中の年次イベント「Dreamforce 2015」で、「IoT Cloud」を発表した。同社の「Thunder」技術ベースとするものだが、そのストリーミングデータ機能は2016年のDreamforceまで待つ必要がありそうだ。

 Thunderは、センサ、モバイル端末、ウェアラブルなどのデータソースからのデータをキャプチャする技術だ。IoTシナリオでは、キャプチャしたデータは数秒、または数ミリ秒で処理される必要がある。 低遅延のデータバスとルールエンジンの2つの役割を持つ。Thunderは、データキャプチャとメッセージングの「Kafka」、ストリーミングデータのディストリビューションの「Storm」、インメモリデータ処理の「Spark」、高スケールのデータベース「Cassandra」などのオープンソース技術を利用して開発されている。

 Salesforceがこのアーキテクチャに何をもたらすのか、そしてどのクラウドプラットフォームを土台とするのかは、明確ではない。ForceプラットフォームとHerokuはともに「Salesforce App Cloud」であり、Herokuは現在でもAmazon Web Services上で動いている。3つめのオプションとなるのが「Azure」だ。そして、Microsoftは開発パートナーとなることが発表されている。

 ThunderはSalesforceの「Lightning」に続くものといえる。Lightningは2014年のDreamforceの目玉で、Lightningは発表から1年してようやく手に入る段階となった。今週Salesforceが発表したプレスリリースによると、Thunderは「2016年前半」にパイロット運用をスタートし、同年後半に一般提供を目指すという。つまり、Salesforceのマーケティング主導型の事前発表/再発表アプローチがここでも用いられていると言えるだろう。

 結論としては、Thunderは現時点で利用できる機能としてではなく、ロードマップの位置づけとして発表されたものとなる。解決すべき深刻な問題が残っており、Constelallationの見解としては、顧客の多くがSalesforceのIoT Cloudを利用してIoTの夢を実現できるようになるには10カ月から1年ほどかかりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]