編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
海外コメンタリー

ヴイエムウェアのコンテナ化戦略を読み解く - (page 2)

Janakiram MSV (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-09-30 07:15

vSphere Integrated Containers

 vSphere Integrated Containers(VIC)は、仮想マシン(VM)とコンテナの長所を併せ持つ製品だ。ひとことで言えば、VICはDocker APIを実装し、コンテナの実行に最適化されたVMであり、同社がこのところ発表してきているさまざまなテクノロジの集大成だ。

 VICの前身は、ハイパーバイザ上でコンテナを稼働させるアプローチの1つとして、2015年6月に「Project Bonneville」という名前で発表された。各コンテナは専用のVM内で稼働するため、ソフトウェアカーネルやOSへの依存に起因する制約は存在せず、仮想コンテナホスト内では「Microsoft Windows」を含むさまざまなOSを実行できる。この点を強調するためにVMwareはコンテナ内で、20年前に一世を風靡したゲーム「Prince of Persia」(プリンス・オブ・ペルシャ)の「MS-DOS」版を実行するというデモも実施している。

 また、各ホストは仮想マシン上で稼働するため、ホストやコンテナの管理には「VMware vRealize Operations」のような従来のツールを使用できる。同社は、こういったモデルの採用により、今までよりも隔離性を向上させ、優れたセキュリティを実現できると主張している。つまりホストVMは、既に実績のある「VMware Virtual SAN」のようなストレージテクノロジや、「VMware NSX」のようなネットワークテクノロジのメリットを生かせるようになっているわけだ。

 また同社は、VICにおいて「Instant Cloning」テクノロジを採用して、同一VMのコピー生成時間を短縮している。この種のコンテナホストを稼働させるための推奨OSが、VMwareの軽量Linux OSである「VMware Photon OS」だ。

Photon Platform

 VMwareは、クラウドネイティブなアプリをスクラッチで開発する企業に対してPhoton Platformを推奨している。同社はこのプラットフォームを「コンテナ化されたアプリケーションを安全に実行するうえで必要となる機能だけを搭載するとともに、スケーラビリティの極めて高い分散型の管理プレーンによって制御される、APIを第一に考えて設計されたインフラを提供するテクノロジの集合体」と呼んでいる。なお、Photon Platformは「Photon Machine」と「Photon Controller」という2つのレイヤによって構成されている。

 「Microvisor」と呼ばれる小型のハイパーバイザをベースとするPhoton Machineは、「VMware ESX」をルーツに持っており、コンテナ化されたワークロードの実行に向けた高度な最適化が施されている。そしてPhoton Machine上で、コンテナの実行に特化して設計された軽量Linux OSであるPhoton OSが稼働するわけだ。

 Photon Controllerは、迅速なスケールアップが可能な分散型の管理プレーンだ。この管理プレーンが提供するAPIやコマンドラインツールを活用することで、継続的インテグレーションや継続的デリバリーを目的としたパイプラインや、DevOpsのワークフローとの統合が実現できる。

 Photon Platformによって、「Docker Swarm」や「Kubernetes」「Apache Mesos」といった、Dockerのエコシステムを支えるツールとの統合が実現される。VMwareとPivotalは「Cloud Foundry」とPhoton Platformをベースにした、すぐに使えるクラウドネイティブなプラットフォームを提供したことになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]