会議スケジュールを複数人と組めるiOSアプリ「Invite」--マイクロソフトが発表

ZDNet Japan Staff

2015-09-25 10:35

 Microsoftは9月24日、モバイルアプリ「Invite」を発表した。モバイル端末上で会議などのスケジュールを組むことができるもので、まずはiOSに対応、米国とカナダでローンチする。プラットフォームと地域は順次拡大する。

 InviteはMicrosoftの社員が新しいアイデアをプロジェクトにするラボ的な場である「Microsoft Garage」で開発された。複数人のスケジュールを調整する手間を簡素化することを目的とする。社外の取引先など相手とカレンダーを共有していない場合でも、複数の候補を送り相手がこの中から選択をすることで全員のスケジュールを組みやすくする。

 具体的には、スケジュールしたい時間の候補をいくつか決めて参加者を招待する。Inviteを利用している場合プッシュ通知で、それ以外の場合は電子メールの形式で相手に通知され、受け取った人はアプリまたはブラウザを利用して自分に都合のよい時間を選択する。全員が回答したら、最善の時間を設定して「Send Calendar Invites」をタップすることで、参加者のカレンダーに反映させることができる。

 Inviteはさまざまな電子メールクライアントで利用できるが、よくやりとりするリストが表示されたり、「Office 365」から直接Inviteからのミーティングへの招待を受けたり拒否することができるなど、Office 365の法人や教育向けサブスクリプションと相性がよいとMicrosoftは述べる。Office 365以外にも、Outlook.com、Gmail、Yahoo Mailなどのメールサービスでも利用できる。

 同日、米国とカナダでiOS向けのアプリを公開した。今後、「Windows Phone」と「Android」にも対応予定で、提供地域も増やすという。


提供:Microsoft

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]