海外コメンタリー

「Microsoft Office 2016」--自社に最適な展開オプションは?

Mark Kaelin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年10月01日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの生産性およびコラボレーションスイートの正式バージョンが米国時間9月22日、「Office 2016」にアップグレードされた。「Office 365」の個人向けおよび法人向けサブスクリプションに加入している場合、Office 2016へのアップグレードは自動的に展開される。しかし、企業のIT管理者は、Microsoft Office 2016の展開について理解しておくべきことがある。

figure_1
提供:Microsoft News

 IT管理者がOffice 2016をどのように展開すべきであるかは、まず(少なくとも部分的には)Office 365のどのプランを利用しているかによって決まる。

 例えば、「Office 365 ProPlus」プランでサブスクリプションを利用している企業は、これまで通り機能とセキュリティのアップデートを毎月受け取り続けることができる。Microsoftは常に最新の状態を維持できるこの展開プロセスを「Current Branch」と呼んでいる。このプランでは、企業はMicrosoft Officeの最新バージョンが展開された状態を常に維持できる。9月のCurrent Branchは9月22日にリリースされたので、Current Branch利用者は提供されている最新Office 2016アプリをすべて入手できる。

 Current Branchのほかにも企業環境で利用できる更新モデルがあり、Microsoftが「Current Branch for Business」と呼ぶプランでOffice 2016を展開することも可能だ。この方法は、新機能の互換性テストを念入りに行う必要のある企業には特に有用だ。

 Current Branch for Businessプランでは、企業はCurrent Branchと同様に毎月セキュリティアップデートを受け取ることになるが、新機能のアップデートは年に3回のみ提供される。1回目のCurrent Branch for Businessビルドは2016年2月に提供される予定で、それにはCurrent Branchプランで9月22日に提供された機能、さらにそれらの機能の公開後に発覚した問題を修復するセキュリティアップデートが含まれる。

 Office 2016の展開に関する更新モデルの名称は、それぞれの方法の内容を分かりやすく表現しているとは言えないが、そのコンセプトは比較的明快である。互換性が問題になっていない企業は、おそらくCurrent Branchで展開を行うべきだろう。

 ボリュームライセンス契約を締結した企業は2015年10月1日より、Office 2016をMicrosoftの「ボリュームライセンスサービスセンター」からダウンロードできる。

 互換性の問題があり、新機能の展開前に広範なテストを実施する必要のある企業は、Current Branch for Businessプランを使い続けた方がいいだろう。

 どのプランを採用するにせよ、大規模な企業は「バックグラウンドインテリジェント転送サービス」(BITS)を使ってネットワークトラフィックを制御するのがおそらく得策だ。

 Microsoft Office 2016には、「Skype for Business」や「Outlook」の「Clutter(低優先メール)」、全アプリで強化されたクラウドコラボレーションツール、「Word」のリアルタイム共同編集機能、内蔵のビジネスインテリジェンスツールなど、企業のユーザーにとって役立つであろう新機能が多数搭載されている。これはOfficeの大規模なアップデートであるため、導入する時期と方法を決めるのは重要なことだ。

 Microsoftは、IT管理者によるOffice 2016の展開を支援するツールやオプションを多数提供しているため、それをユーザーに提供しない手はない。いずれにしても、Office 365を利用している人はOffice 2016を展開しようがしまいが、それらのアプリを購入していることになるため、ユーザーがそれらの新機能を利用できるようにした方が良さそうだ。

figure_2
提供:Microsoft News

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算