編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
人材育成の新手法「アクティブラーニング」

不自由さが創造性を生み出す--制約の向こうにある進化

得能絵理子

2015-10-11 07:00

制約の向こうにある進化

 自由な時間が欲しいと思ったことはないだろうか。自由な時間があればやりたいことをたくさんできるのにと……。実際には、筆者の周囲では自由時間の多さと、夢や目標の実現具合には相関がないように感じる。むしろその逆であり、制限や制約がある人ほど、目標を実現して、さらには予期せぬ進化をとげているという事例が数多くある。


Phil Hansen氏(出所:TED

 若きアーティスト、Phil Hansen氏。精密な点を多数描き、全体像を紡ぐ「点描画」と呼ばれる手法のアーティストも制約から飛躍した一人だ 。来る日も来る日も点描画を描き続けた結果、手の震えが止まらなくなった。病院に行くと「神経障害」という診断が下された。精密な点を重ねなければならないアーティストにとっては致命的だ。絶望する彼に、医者は「震えを受け入れてみたら」と穏やかに言い放った。

 Hansen氏は、震える手で作品作りを開始する。ぐにゃぐにゃの線もあるがままに受け入れた。ぐにゃぐにゃを受け入れるということは、ぐにゃぐにゃに意味がある絵を描くということだった。結果、思いの外、味わいのある作品に仕上がった。

 制約をもとに工夫をすると、新しい世界を開けるヒントが隠されている。

 アーティスト魂に火がついたHansen氏は自分の作品に、意図的に制約を仕掛けることに努めていった。「たった1ドルで作る作品」「自分の体に描くアート」「作った作品が消えてしまうアート」……。どれもかつてない斬新な作品に仕上がっていった。

 制約を受け入れても創造性は損なわれない。むしろ、制約の向こう側にこそ、イノベーションが生まれやすくなる。新しいアーティストが登場した瞬間だった。Hansen氏はこの体験をTEDで紹介し、世界的に有名になった。是非、動画を見ていただきたい。

 制約がイノベーションを導くという事象は、アーティストに限った話ではない。インターネット上の新しいサービスでも、意図的な制約が興味深いサービスを作り上げ、大きなヒットにつながっている。


アート展示会場の来場者から集めた1000以上の悲劇の逸話をもとにゴッホの肖像画を描く(出所:A Moment by Phil Hansen

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]