編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

仮想サーバやDB高速化に最適--NECがオールフラッシュ新製品

藤本和彦 (編集部)

2015-09-28 16:48

 NECは9月28日、オールフラッシュストレージの新製品「iStorage M310F」と「iStorage M710F」を発売した。ハードディスクドライブ(HDD)の代わりにソリッドステートドライブ(SSD)を搭載し、仮想化によるサーバ統合やデータベースの高速処理に適したストレージシステムとなっている。

 M310F、M710Fの2製品とも200GバイトのSSDを3台搭載し、8Gbpsのファイバチャネル(FC)コントローラを備える。キャッシュメモリはM310Fが48Gバイト、M710Fが192Gバイトとなっている。税別価格は、M310Fが437万円から、M710Fが1878万円から。10月30日から出荷を開始する。

 SSDの全面採用とともに、SSDの高速処理にあわせた制御ソフトや大容量のキャッシュメモリを標準搭載。同数のHDDと比較した場合(従来製品「iStorage M310/M710」との比較)、最大100倍の高速処理を可能にするという。仮想化環境下における性能ボトルネックを解消したり、データベースの高速処理を実現したりする。また、同等の性能をHDD構成で実現した場合と比べて、最大20分の1まで筐体数を減らし、消費電力を90%削減するとしている。

 iStorage Mシリーズ共通の管理ソフトウェアやバックアップ機能を搭載するため、追加導入時には運用手順を見直す必要がないという。ストレージの寿命監視機能により、運用管理者は、SSDがあとどれだけの期間使用できるのかといった寿命到達度を確認できる。

 無償のアセスメントサービスを利用して導入プランを作成することも可能だ。アセスメントの専門要員が、既存システムのストレージ状況を分析し、書き込み処理などのHDDによるボトルネックを見極め、オールフラッシュストレージに置き換えた場合の効果予測レポートを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]