編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

トランスコスモス、コンタクトセンターネットワーク統合で国内外1万6000席へ

NO BUDGET

2015-09-29 08:02

 トランスコスモスは9月28日、これまで順次進めてきた同社コンタクトセンターコミュニケーションプラットフォーム「Contact-Link」の拠点間クラウド化統合の結果、海外を含む23拠点(国内22拠点、海外1拠点)計1万6000席への増強ならびに統合を完了したと発表した。これにより、コンタクトセンタークラウド環境としては国内最大規模になったとのこと。

 トランスコスモスのContact-Linkは、企業の顧客コミュニケーションを支援するコンタクトセンタープラットフォームで、2014年7月より提供を開始している。

 電話、ウェブ、SMSなどで顧客との双方向コミュニケーションを実現し、複数チャネルを利用した顧客の対応履歴の一元管理が可能なこと、トランスコスモスのオペレーショナル・エクセレンスをもとにした業務テンプレートを豊富にそろえており、ユーザー企業の要望にあわせて短期間で業務を開始できるといった特徴を持つ。

 同社では、今回の増強で国内最大規模となった本クラウド基盤により、顧客体験価値、ブランド価値を高めるため、コンタクトセンターオペレーションの最適化、最大化をさらに強化できるとしている。

 具体的には、大規模マルチロケーション運用、BCP対策、あふれ呼対応、緊急窓口開設、またスマートフォンなどのオムニチャネルコミュニケーションへの展開など、コンタクトセンターのオペレーション最大化と最適化を、業界業種の特性にあわせて実現する。

 また、トランスコスモスの海外コンタクトセンター拠点とContact-Linkを接続することにより、国内の外国人を対象とした多言語コンタクトセンターを海外拠点を活用して運用することも可能となる。

 トランスコスモスでは、この国内最大規模のContact-Linkプラットフォームと、国内最大手のコンタクトセンター運用実績で培った顧客対応力、オペレーション力により、お客様企業の顧客体験価値、ブランド価値の強化を、より一層支援していくとしている。また今後は音声認識、AIとの連携も視野に入れているとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]