編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

マイクロソフト、「Exchange Server 2016」をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-02 10:15

 Microsoftは米国時間10月1日、「Exchange Server」の最新版である「Exchange Server 2016」の一般提供を開始した。

 同社は、7月からExchange Server 2016のプレビュー版をテスター向けに提供していた。10月1日には、同製品の最終版の提供を始めたのと同時に、完全な製品の180日間無料試用版のダウンロード提供も開始している。

 今回のExchange Serverには、すでに「Exchange Online」や「Office 365」に取り込まれている多くの機能が含まれており、「Exchange Server 2013」から考えると、かなり大きなアップグレードとなる。このリリースには、データ損失防止機能、可用性管理、ストレージの故障からの自動リカバリ、改善されたウェブベースのExchange管理センターなどの機能も含まれている。

 また、同社はExchange Server 2016の一部として、「Outlook on the Web」(Outlookのウェブ版クライアント)にも多くのアップデートを加え、ほかのバージョンのOutlookに使い勝手を近づけた。Exchange Server 2016のユーザーは、Outlook on the Webで一括処理(Sweep)、ピン止め(Pin)、元に戻す(Undo)などの機能も利用できるようになる。

 さらにMicrosoftは、特に重要な新機能として、改善された検索機能と簡単になった文書共有機能を挙げている。

 同社の担当者は、製品のリリースを発表するブログ記事の中で、「Exchange 2016は、Exchange 2013と同じペースでサービスされる予定であり、約3カ月ごとに不具合修正、製品の改善、Office 365からの新たな機能導入などを含む累積更新プログラムを提供する」と述べている。

 Exchange Server 2016の製品ガイドはこのページから参照できる。製品マニュアルはTechNetで見ることができる

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]