海外コメンタリー

マイクロソフトの「ピープルアナリティクス」企業VoloMetrix買収--期待されることとは?

Mark Kaelin (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年10月06日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは9月、同社がVoloMetrixと呼ばれる企業を買収することを発表した。非常に簡単に言えば、VoloMetrixは企業内でデータを収集し、従業員がどのように働いており、どうすればよりよく働けるかを明らかにする、「ピープルアナリティクス」を専門とする会社だ。

データとしての人

 ピープルアナリティクスは、ビッグデータのアナリティクスの中でも専門性の高いニッチな分野だ。適切な分析に必要なデータは、企業の従業員が行うさまざまな活動から収集される。その目的は、可能な限りシステマチックな形で、従業員の全体的なパフォーマンスを向上させる方法を見いだすことだ。

 VoloMetrixが開発したテクノロジは、「Delve Organizational Analytics」のような、エンタープライズ向け「Office 365」に組み込まれる組織アナリティクスツールに統合されることになる。ピープルアナリティクスは、企業活動の全体的な評価を行う上で重要であり、Microsoftは賢明にも、この分野の新たなアイデアやテクノロジを持つ企業からの支援を求めたわけだ。

 今回の買収に関するVoloMetrixのプレスリリースには、同社の考え方が集約されている。

われわれは、人材はすべての企業にとってもっとも重要な資産であるという信念と、データ、透明性、フィードバックループを通じて知識労働者の生産性を変革するというミッションを掲げて、4.5年前にVoloMetrixを設立した。当社の目標は、人々がどのように成果を上げるかということについての企業の理解を根本的に変え、すべての従業員が自分の時間を取り戻すのを支援し、成功のための最高のツールを手に入れられるようにすることである。

フィードバックループ

 「フィードバックループ」といった言葉を見るたびに、私は産業科学の父であるFrederick Winslow Taylor氏のことを思い出す。従業員は愚かであり、厳密な規則と具体的な手続き的システムで統制する必要があると同氏は考えていた。確かに、同氏が生きていた時代には、組み立てラインと教育を受けていない労働者が産業の中心であり、このような考え方もある程度許容されうるものだったかもしれないが、今はもうそのような時代ではない。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算