編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

TPP大筋合意も追い風--日経平均は買い場の判断継続

ZDNet Japan Staff

2015-10-06 10:41

 10月5日の日経平均は280円高の1万8005円だった。9月の米雇用統計が弱かったことを受けて年内の米利上げ観測が後退したこと、4日の閣僚会合でTPPが大筋合意と報じられたことなどが好感された。

 楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏は、世界的な行き過ぎたリスクオフが修正され始めていると話す。5日のCME日経平均先物は1万8360円まで上昇しており、今日の日経平均も続伸が見込まれるという。

日経平均とNYダウはいったん底打ち

 世界中の株式市場は連動する傾向が高まっている。その中心にNYダウがある。日経平均とNYダウは、投げ売り局面が終了し、いったん底打ちしつつある。ローソク足で底打ちのシグナルとなることが多い「長い下ヒゲ」を出してから反発しつつあることが、日経平均とNYダウに共通だ。

日経平均週足:2014年1月4日~2015年10月5日


NYダウ週足:2014年1月3日~2015年10月2日


TPP大筋合意はポジティブサプライズ

 TPP合意に向けて残された時間は少なく、合意は難しいという空気も出ていたが、各国が歩み寄って、大筋合意に持っていけたことは、日本株にとっても世界の株式市場にとってもプラスだ。TPP大筋合意は日本株にとって、以下の2点において好材料だ。

(1)貿易立国である日本経済に追い風

 製造業(特に自動車産業)が強く輸出競争力の高い日本にとって、重要な貿易相手国である米国を含む環太平洋の11カ国と自由貿易協定を一気に結べることは経済上のメリットが大きい。

(注)TPP参加国:現在の参加予定国は、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、ペルー、チリの11カ国。日本が加盟申請中。日本の加盟が認められれば、12カ国になる。

(2)日米主導で世界経済のルール作りを進める枠組みができる

 TPPは、日米主導となる可能性が高くなっている。中国はTPPに参加せずに、中国主導でルール作りができる経済圏を作ることを目指している。中国は、まだ資本主義のルールが徹底していないので、中国主導の経済圏が拡大すると日本は苦労する。

 一部には、日中韓のFTA(自由貿易協定)の締結を急ぐべきという声もあったが、日中韓FTAは、中国が主導することになる可能性もあり、日本の主張を通すのが難しいかもしれない。TPP交渉で米国と交渉する方が、日本にとっては、相対的に楽である。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]