編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

HP、オープンソースのネットワークOS「OpenSwitch NOS」を発表--コミュニティーも設立

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-06 10:35

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間10月5日、データセンター向け新技術の促進に向けた新しいイニシアティブとネットワークOS「OpenSwitch NOS」を発表するとともに、新たなオープンソースコミュニティーを設立した。

 HPは発表の中で、古くさい慣習にまみれた「従来のネットワーキングモデル」について、クローズドでプロプライエタリな、かつ垂直統合されたモデルだと揶揄している。LinuxをベースにしたオープンソースのこのネットワークOS(NOS)は、そうした従来のモデルと真っ向から対立するものだ。

 この点においてHPのこのNOSは、開発者がデータセンターネットワークを構築する際に、業務的なアプリやワークロード、機能に重きを置いてカスタマイズできるようにすることを意図している。

 またHP Networkingは、開発者のための仮想ハブとして新たにOpenSwitchコミュニティーを設立し、オープンかつ、業界標準に根ざしたセキュアなNOSの開発に向けた議論とコラボレーションを促進することで、このイニシアティブを軌道に乗せようとしている。

 OpenSwitchコミュニティーは、BroadcomやIntel、VMwareといった、オープンソースを支持するさまざまな企業によって支援されており、同日よりオープンコミュニティーとしての活動を開始している。

 OpenSwitch NOSは、HPのオープンネットワークスイッチ製品「HP Altoline」上で稼働する、開発者向け初期リリース版が現在利用可能となっている。またHP Technology Servicesも、OpenSwitch NOSをベースにしたネットワークを、リスクをもたらすことなくセキュアな方法で本番環境に配備するためのサポートサービスを提供する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]