編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

原油反発が日本株に及ぼす影響

ZDNet Japan Staff

2015-10-09 10:50

 10月8日の日経平均は181円安の1万8141円だった。これから発表が始まる7~9月の企業業績を確認するまでは、積極的に上値を追いにくいムードが広がっている。

 最近、原油価格が反発しているが、これは日本株と世界の株価に好影響を及ぼす。原油価格が日本株に及ぼす影響について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が紹介する。

原油価格が足元で反発

WTI原油先物(期近)の推移:2014年4月~2015年10月7日


(出所:シェールオイル生産コストは楽天証券経済研究所の推定)

 最近、原油価格の反発が続いている。アメリカのシェールオイルの生産減少が続く見込みとなったからだ。まず、昨年からの原油価格の動きを簡単におさらいしよう。

  1. 2014年8月~2015年3月:アメリカのシェールオイル増産によって原油が世界的に供給過剰となり、原油価格が急落
  2. 2015年4月~6月:アメリカのシェールオイルが減産に向かい始めたことから原油価格が反発
  3. 2015年7月~8月:中東など産油国で原油増産が続いたために再び原油過剰感が強まり、原油価格が下落
  4. 2015年9月~10月:シェールオイルの新規開発が大きく減少した効果でシェールオイルの生産減少が続く見通しとなり、原油価格が反発

原油価格が日本株に与える影響:需給面

 原油価格の下落が8~9月に日本と世界の株の下落を加速させた。中東産油国は、原油価格下落による原油収入の減少を補うために、保有する金融資産を売却して原油収入を補う行動に出たと推定される。日本株にも中東産油国から巨額の売りが入り、日本株を下落させた。

 9月以降、原油価格は少し反発してきた。これで産油国の金融資産売却にはいったん、歯止めがかかると予想される。売られ過ぎた日本株と欧米株が反発しているのは、産油国筋の売りが減少しているためと窪田氏は判断しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]