編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

IBM、「OpenPOWER」ベースのLinuxサーバ「Power Systems LC」ファミリを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-09 10:17

 IBMは米国時間10月8日、「OpenPOWER」ベースのLinuxサーバ「Power Systems LC」ファミリを発表した。その狙いは、ビッグデータ分野におけるIntelのシェアを奪うことにある。

 OpenPOWERとは、IBMの「POWER」プロセッサを搭載したオープンなハードウェア設計を実現するための取り組みだ。この取り組みを支えるOpenPOWER Foundationは、データセンター分野においてIntelに対抗する製品を提供することを目的としており、IBMやNVIDIA、Mellanox、Canonical、Wistronといった企業が名を連ねている。

 IBMによると、Power Systems LCファミリはIntelチップを搭載したサーバよりもビッグデータ関連のワークロードを高速に処理できるという。IBMは社内のテストで、同製品が「Intel Xeon E5-2699 v3」プロセッサを搭載したサーバに比べると、「Apache Spark」のワークロードを半分のコストで、より高速に処理できることが示されたと述べている。IBMはSparkBenchベンチマークテストを10回実施し、その結果を平均したとしている。

 Power Systems LCファミリには以下の3種類のサーバが用意されている。

  • 2Uサイズの1ソケットサーバである「S812LC」:10コアまで搭載可能。1テラバイトのメモリを搭載。メモリの帯域幅は毎秒115Gバイト。ディスクドライブは最大14基まで搭載可能。
  • 2Uサイズの2ソケットサーバである「S822LC」:商用ワークロード向け。20コアまで搭載可能。1テラバイトのメモリを搭載。メモリの帯域幅は毎秒230Gバイト。
  • 「S822LC for high performance computing」:S822LCのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けバージョンであり、NVIDIAの「Tesla K80 GPU」を2基搭載。

 IBMはこれら製品の一般提供を2015年末までに開始すると述べている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]