編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

IBM、「OpenPOWER」ベースのLinuxサーバ「Power Systems LC」ファミリを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-09 10:17

 IBMは米国時間10月8日、「OpenPOWER」ベースのLinuxサーバ「Power Systems LC」ファミリを発表した。その狙いは、ビッグデータ分野におけるIntelのシェアを奪うことにある。

 OpenPOWERとは、IBMの「POWER」プロセッサを搭載したオープンなハードウェア設計を実現するための取り組みだ。この取り組みを支えるOpenPOWER Foundationは、データセンター分野においてIntelに対抗する製品を提供することを目的としており、IBMやNVIDIA、Mellanox、Canonical、Wistronといった企業が名を連ねている。

 IBMによると、Power Systems LCファミリはIntelチップを搭載したサーバよりもビッグデータ関連のワークロードを高速に処理できるという。IBMは社内のテストで、同製品が「Intel Xeon E5-2699 v3」プロセッサを搭載したサーバに比べると、「Apache Spark」のワークロードを半分のコストで、より高速に処理できることが示されたと述べている。IBMはSparkBenchベンチマークテストを10回実施し、その結果を平均したとしている。

 Power Systems LCファミリには以下の3種類のサーバが用意されている。

  • 2Uサイズの1ソケットサーバである「S812LC」:10コアまで搭載可能。1テラバイトのメモリを搭載。メモリの帯域幅は毎秒115Gバイト。ディスクドライブは最大14基まで搭載可能。
  • 2Uサイズの2ソケットサーバである「S822LC」:商用ワークロード向け。20コアまで搭載可能。1テラバイトのメモリを搭載。メモリの帯域幅は毎秒230Gバイト。
  • 「S822LC for high performance computing」:S822LCのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けバージョンであり、NVIDIAの「Tesla K80 GPU」を2基搭載。

 IBMはこれら製品の一般提供を2015年末までに開始すると述べている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]